FC2ブログ

★サザンカの天ぷら

サザンカ
    エビ天の脇にサザンカの天ぷら

いすみ市はサザンカが満開です。
ツバキの天ぷらは何度か経験がありますが、サザンカは経験がありません。
というのも、サザンカの花は散りやすく、天ぷらにしようと採集してもバラバラになってしまいます。
かといって、つぼみのままでは豪華さが足りない。
花を天ぷらにしたというインパクトがなくなり、何これ?の世界では努力の甲斐がありません。

けっきょく結論はきわめて常識的で、ちょっと開き始め、今日咲き始めたという花を選んで採集すれば、なんとか花の形を保てます。
それで頑張ってみました。

安物のエビ天は厚手の衣ばかりが目立ちます。でも、それでは花を天ぷらにした意味がありませんね。
花を天ぷらにしたという趣向を生かすには、サッとくぐらせた薄手の衣が良いと思います。
薄手だと花の裏だけを衣にするというわけにはいきません。

サザンカの花びらは薄いので熱に弱くて縮みやすく、色は紫に傾きます。
ツバキの花びらは付け根がサザンカと比べるとやや厚めで丈夫なので、菊と同じように花裏だけに衣を付けて揚げることも可能ですが、サザンカは無理な気がします。
花全体に衣を付けて固着し、花の形を保つのが良いと思いました。

で、肝心の味ですが、別にどうってことありません。
ほとんど特徴的な味はなく、サザンカを頂いているという気分だけの気がします。
ツバキならば花びらの基に蜜腺があるので甘味を感じます。
サザンカだって蜜腺があるのにどういうわけか、あまり感じません。

つまり、苦労の割に達成感がないのが世間で普及していない理由だと思います。
でも、その苦労・苦心の味をわかってくれる人にはサーブするのも一興かと思います。
年末に、東京から来るお客さんもいないでしょうが、もし、いらっしゃたら、庭のサザンカの天ぷらを添えた蕎麦でもお出ししましょうか。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント