FC2ブログ

★155km先の富士山

富士山
      赤い夕陽の中に富士山のシルエット

冬は空気が乾燥しますから空がすみ渡り、はるか遠くまでも通せます。
だから冬になると何有荘の庭から富士山が見える時があります。
遠くの山並み、といっても大多喜の山々ですが、それがシルエットになり、山の端が赤く染まる中で、富士山の山頂部がお椀を伏せたようなシルエットで浮かび上がると嬉しくなります。
画像は何有荘前の大正堰まで行って写しました。

乾燥するとは、空気中の水分が少ないということで、それだけ遠くを見るのに障害物が少ないということになります。
また、水分があると空気中の微細なホコリ、チリを吸着しますから、その点でも乾燥すると見通しが良くなります。
冬の星座が夏の星座よりもくっきりと美しく見えるのも同じ理由です。

房総半島を西に進み、内房の木更津まで行くと富士山は正面に偉大な姿を現します。
距離が2倍になると面積は1/4に小さくなってしまいます。
だから内房と比べると外房の富士山はずっと小さく見えます。

ということは内房よりも富士山に近い横浜の方が富士山は大きく見えるはずです。
それで、葛飾北斎の名作『神奈川沖浪裏』はいくらデフォルメされているとはいえ、リアルなのかという不審が生まれます。
   The_Great_Wave_off_Kanagawa[1]

神奈川とは横浜の少し東京寄りの地域名で、東海道の宿があった場所です。
京浜急行の神奈川新町駅がある当たりだと言っていいでしょう
そのあたりの海岸からから富士山を見るのはかなり苦しい。
ランドマークタワーに登ればもちろん見えますが、海岸からは方角が違う。逆方向です。

第二に富士山が小さすぎる。もっと雄大に見えるはずです。

第三に内海である東京湾ではこれほどの大波はたたない。これほどの荒波ならば遭難の危険があるので船頭は船を海に出さないことでしょう。

わたしは心密かに、この浮世絵木版画のリアルなモチーフは外房いすみ市の海で着想を得たのではないかと思っています。
大原漁港や太東漁港から海に出れば、波間の間からちょうど絵のようなサイズの富士山を見ることができます。
そして、この近辺はドカリの波と称される大波が来ます。サーファーたちによく知られた海岸で、2020年のサーファー会場にもなりました。

わたしの少し年上の知人はサーファーで、チューブと呼ばれる大波の中をさっそうとボードに乗って走っている写真を見せてもらったことがあります。
サーファーならば、あの大波の内側を走り抜けてみたいと思うでしょうね。

北斎がいすみ市に来たという文献上の証拠はありません。
しかし、来たかもしれないという傍証はあります。
北斎の『神奈川沖浪裏』を見るたびに、あれはいすみ市の海だよなと思っています。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント