★紅葉の養老渓谷へ

小沢又の滝
    幻の滝と自称する、小沢又の滝

なかなか立派な滝で、7~8mの高さから落ち、水量もある。滝壺はエメラルドグリーン。
惜しむらくは、周囲にもう少し紅葉が欲しいけれど、養老渓谷じゃ無理は言えません。

養老渓谷は関東地方で一番遅く紅葉する地域で、11月下旬~12月上旬が見頃です。
もともと房総半島は常緑広葉樹が多く、落葉広葉樹は少ない。
山岳地帯や京都・鎌倉の紅葉の名所とは比べものにはなりませんが、養老渓谷の紅葉は房総半島では珍しいのです。

昨日(11/29)は天気が良かったせいか、多くのお客が来ていました。
中国語が飛び交っています。養老渓谷でもマイナーな名所である小沢又の滝をどうやって知ったのでしょうか。
しっかり赤く染まったモミジもあり、中国からのお客さんたちは笑顔で写真を撮っていました。

場所は老川十字路から東へ2.1km、水月寺の近く。粟又の滝の手前800mです。
東京のある夫婦がこの滝のある景色に感激し、周囲の土地を買い取り、観光客のために木道や階段、観望台などを独力で整備してきたそうです。

つまり私有地。滝への順路に従って茶店前を通過する時に、年配の女性から環境整備のため200円を請求されました。
前を歩いていた男性は、滝を見るのに200円とは驚いたと不満気な雰囲気。
後を歩いていた若い女性は200円も払ったのだから、しっかり見なくちゃと友人たちと大騒ぎ。

滝壺方面に下る木道は湿気でツルツル滑りやすい。単管パイプの手すりを頼りにゆっくりと降ります。
ハイキングの足ごしらえをしていない観光客は途中でギブアップ。
だとすると、滝の一寸見で200円は高い気もするけれど、これだけの施設を自力で作り、行政からの支援を受けていないならば、やむえない気もします。
見る価値のある滝でした。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント