★今年は柚子(ユズ)が豊作で

ゆず
      柚子と言っても小型なので、これは「花ユズ」らしい。

昨晩はすごい雨で、夜中に目を覚ましました。
雨雲レーダーによると、時折、50mm/hを越す雨が降ったようですが、警戒警報どまりでした。
今年は雨続きです。

ユズが今年はダメだったという知人が多い中で、何有荘のユズはどういうわけか豊作です。
もっともろくに手入れしていませんから、葉やトゲにこすれて見栄えはあまりよくありません。

ユズは薬味として利用すると、これぞ日本の味という優れものですから、これだけあれば当分はユズに不自由しないでしょう。
見栄えの良いをむいて千切りにして、密閉して冷凍保存します。

ユズの果汁はお酢代わりになりますから、搾り取り、ほんの気持ち塩を加えて冷蔵保存です。

ユズのは捨てないでください。
ユズのヌルヌルの種を適当な瓶に入れて、焼酎(35°)で満たして1週間もすればユズローションができます。
いつも適当量で作っていますが、計量したい人は種の重さの10倍量の焼酎で良いと思います。
もちろん、種がもっと多くてもかまいません。
種は引き上げる人が多いようですが、何有荘では1年間、そのままです。

冬になると空気が乾燥し、TVでは乾燥肌対策、かゆみ止めのCMが増えてきました。
わたしも乾燥肌なので、ついうっかり掻いてしまうと、ますます痒くなります。
そんな時、このユズローションは抜群の働きを示します。
何も高価な薬を買う必要はありません。

痒い時や風呂上りにたっぷり使います。
塗る時にほんのちょっとグリセリンを使うと良いでしょう。

何有荘の手作り三大ローションはユズローション、ドクダミローション、ヘビイチゴローション。
ドクダミローションは美肌効果があり、ヘビイチゴローションは虫刺されに効果てきめんです。

さて残ったのは、黄色い皮をむいた後の白い綿、見栄えの悪すぎる皮、そして袋。
これらは大型の麦茶用小袋に入れてユズ湯です。
なにもユズ湯は冬至まで待つ必要はありません。いいユズ湯になります。
丸ごと使い切ってこそ、ユズも本望でしょう。

さて風呂に入れた袋の中身の処理はというと、生ごみ堆肥です。
家庭ごみのかなりの部分は食品ロスや生ごみ。
その7~80%は水分ということですから、行政は生ごみなど税金で集めて水分を飛ばして焼却しているわけです。
各家庭で生ごみをたい肥化すれば、税金を減らすことができるかもしれません。
生ごみが堆肥になれば、肥料をホームセンターに買いに行かないでも済みます。
けっこう有効な肥料効果がありますよ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント