★降水状況確認は「高解像度降水ナウキャスト」がお勧め

ナウキャスト
  上記画像の収得はこちら→>●。

超大型台風が首都圏を直撃しそうで、伊勢湾台風の再来かと恐れられています。
いすみ市では早くも避難勧告が一部地域に出され、お見舞いの電話がいくつかかかってきました。

今のところ何有荘周辺は特に問題ありません時折、30mm/hを超える激しい雨が降りますが、「線条降雨帯」の真下ということではないので、降り方に強弱の差があります。

それでも連日の雨ですから、地盤が不安定な山道に沿った家屋に「土砂災害の危険」で543所帯、 1,490人に避難警報が出たようです。(yahooの調べ)
いすみ市のHPを見ましたがどの地域か、明示されていませんでした。
何有荘近辺に市の広報車が回って来ません。たぶん対象地域外でしょう。

台風で想定される災害は、
  ①降雨による洪水、堤防決壊、ため池決壊。低湿地で排水が追い付かず冠水など 
  ②降雨による土砂災害、道路封鎖、トンネル崩壊など。 
  ③高潮、波浪
  ④暴風災害、倒木、電線切断、古い家屋倒壊 などでしょうか。

今のところ ②の土砂災害警報だけですが、明日昼過ぎまでは、何がおきるか要注意です。
何有荘の前の大正堰はだいぶ雨水が貯まりました。
  前回の大雨で堤防の護岸の一部が崩れ、そのままになっています。
  決壊したらと心配になりますが、水漏れなどその兆候はなさそうです。

市のHPで土砂災害危険「指定地域」を調べてみました。
  306カ所もありました。市内をずいぶん丁寧に調べているので感心しました。
  急斜面、崖に面した地域が指定されています。
  もっとも人的被害がありそうな場所だけが選ばれており、土砂崩れは想定外の場所でもあることでしょう。

この原稿を書いているときに「いすみ市、落合川が警戒水位突破」のテロップが流れました。
  その場所を調べるには「国土交通省 川の防災情報」で検索するとヒットします。

あまり使いやすいサイトではありませんが、全国どこでも使えます。
今の状態が続くと、ここは今後、危険かどうか、まず自分で確かめることが大切です。
市が知らせてくれなかったなどと泣き言をいってはいけません。

これから天気がどうなるか、自分で調べてみると気が楽です。
TVでは房総半島も暴風圏に入ったなんて言っていますが、現実はほぼ無風状態。
どうして気象庁やウェザーニュースが言っていることと現実が違うのか、そんなことを気にするのも楽しみの一つです。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント