FC2ブログ

★栗の季節――里山の恵み

ナマグリ渋皮煮
       里山に栗が落ちている          渋皮煮にしてみた

里山にはもともと山栗が自生していましたが、会員がかなり前に植えた栗が育ち、今年は豊作で大きな実ができていました。
だれも収穫しないで落ちたままになっていましたから、いくつか拾ってきました。

どのくらいの時間、落ちたままになっていたか不明なので、収穫した栗は水に漬けて虫がいないかを確認します。
浮いてしまったり、虫が出てきたり、穴が開いている栗は残念ながら廃棄です。

翌日、よく天日乾燥したうえで、新聞紙に包んで冷蔵庫のチルド室で一週間は保管します。
すると寒くなったと勘違いした栗はみずから糖分を作って凍結しないようにします。
つまり甘みが増します。
一週間ほど食べるのを我慢すれば、たしかに待った価値はあって甘くなります。

一番簡単な食べ方は蒸すか、ゆでて包丁で半分に切ってスプーンでかき出して食べます。
一番豪華な食べ方は渋皮煮でしょうか。

沸騰したお湯につけてから鬼皮を包丁でむくと割と皮むきが簡単です。
渋皮はもちろん渋いので、たっぷりの湯で何度もゆでこぼします。今回は3回。
ゆで汁が真っ黒になるので驚きますが、栗が黒く染まることはありません。
重曹は使っても使わなくとも構いません。

ゆで汁の色がが薄くなったら、熱のあるうちに砂糖を加えます。
レシピの70%程度の方が、栗本来の味が楽しめます。
冷えるにしたがって味がしみこみますから、そのまま一晩おけば出来上がり。

ちょっと最後の煮汁が多かったけれど、汁は汁で十分おいしくいただけます。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント