★クルミの割り方――里山の恵み

くるみ1くるみ2

毎月出かけている「里山の会」のフィールドには大きなクルミの木があります。
先日の猛烈な雨で、その実がたくさん落ちてしまい、泥まみれになっていたのを会員が拾って洗って分けてくれました。

いくつかもらってきて、もう一度良く洗い、天日で乾燥してから割りました。
割り方にはコツがあり、ハンマーでたたいたくらいでは割れません。

我が家のまな板に、ちょうどあつらえたような穴がありました。
この穴にクルミを立てて入れ、かたい殻の合わせ目の筋に画像のように包丁の刃尻を当て、上から軽くハンマーでたたけばパカッと開きます。
包丁の刃尻以外の部分を使うと刃がこぼれたりしたら大損害。刃尻で行うべし。
クルミを指で支えて包丁を当てる――そんな危険のことはしてはいけません。

ちょうどよい穴がなければどうしますか?
水にぬらしたお絞りを絞ってたたんで丸く渦巻き状にしてまな板に載せ、その中央にクルミを押し込めば立ちます。

マイナスドライバーなら刃こぼれの心配はないけれど、うまくすき間に当てるのにコツがある。
クルミをフライパンでロースト(乾煎り)すると、殻にわずかなすき間が開きます。
そこにドライバーを差し込んでひねれば簡単に二つに割れます。
マイナスドライーバーだけで割ろうとする人は、ひと手間かけてローストしてからが良いと思います。
電子レンジやオーブントースターではうまくローストできないという話です。

さて、二つに割れた実からクルミを取り出すのは楊枝が一番使いやすい。
上手くいけばポロリとクルミがとれます。
上手くいかなければほじり出すことになります。

生で食べるか、ローストするか、一長一短ありますが、崩れちゃった実をローストするのも、なんか気乗りしません。
わたしはいつも生のままで頂きます。
ほのかに甘味があっておいしいと思います。
特に山野でタダで手に入れたものは、それだけで特別においしく感じるものです。

*****

先だって面白い画像を見つけました。
カタルーニャ独立運動の旗を掲げるクレヨンしんちゃんです。
     しんちゃん  ”カタルーニャ 独立” と書いてあります。

しんちゃんの服の色合いがカタルーニャのシンボルカラーと同じで、画像の図柄が独立派市民のTシャツに描かれていたりします。
現地ではクレヨンしんちゃんなど日本のアニメが大人気だそうです。
独立を応援したくなりますが、現実的にはすべてのEU諸国の承認が必要で、スペインとの関連で難しい局面を迎えそうです。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No くるみ

子供の頃私は海から打ち上げられたクルミ割り友達と浜辺で食べていました。最近懐かしくて子供に教えて石で割り食べてみましたが次回は拝見した方法で割ります