FC2ブログ

★キンモクセイの香り

キンモクセイ
     東京から2週間遅れでキンモクセイが満開になった

小学生だったころ、展覧会などで金賞・銀賞・銅賞の次が佳作でした。
だから 「佳作」 とは残念賞ぐらいの意味だと思っていました。

一方、同級生に圭子さん、桂子さんという人がいて、ヨシコさんかケイコさんでした。
桂とか圭が素晴らしいという意味であることはずいぶん経ってから知りました。

中国に桂林という風光明媚な観光地があり、ずいぶん前に行ったことがあります。
山水画のような景色とともに有名なのはキンモクセイの町ということでした。
その季節になるとキンモクセイの香りに町中が包まれ、だから 「桂林」 だと聞きました。

キンモクセイは中国語で丹桂とか桂花といいます。
見目麗しく香り高い赤い花が咲く樹木という意味ですね。

キンモクセイは外来種で、江戸時代に日本に輸入されました。
香り高い庭樹として珍重されましたが、昭和の頃なると庶民の家庭にも普及し、汲み取り式便所の悪臭をごまかすために便所の周囲に植えられるようになったそうです。

化学合成の香料は臭いが強すぎぎて、嫌いだという人は多くいます。
洗剤だか香料だかのCMも臭いがきつそうです。
そんな人が電車の中で隣にでもいると、もう“香害“だという人の気持ちもわかります。

やはり自然な香り、ほのかな香りが一番良い。

車で通りすぎれば香りも何も気づきません。
散歩の途中でキンモクセイの香りがすると、おや、どこだろうと探してみたくなります。
キンモクセイの香りがただよってくると、もう秋だなぁと実感します。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント