FC2ブログ

★真東から昇る星はなんとなく神聖な感じがする

星空
     昨日(10/3)の23:30頃の東の夜空

夜空の星を見て星座なんかわからないという人でも、オリオン座だけはわかるという人は多いと思います。
冬の星座ですが秋でも夜更けになれば見ることができます。

オリオン座という言い方はギリシャ・ローマ神話に由来していますから、江戸時代まではそんな単語を知っている人はいません。

鼓(ツヅミ)星と言っていたのは猟師オリオンの姿絵よりも具象的で納得いきます。
オリオンのベルトが 「三星」 で、大阪市住吉区にある住吉神社の祭神です。
底筒男命(ソコツツノオノミコト)・中筒男命・表筒男命といいます。
筒(ツツ)とは大昔の単語で星の意味だそうです。

画像のようにオリオンが東の空から昇る時、三星は縦に一直線になって登ります。
最初に現れるのが表筒男、次に中筒男が昇り、最後に底筒男が姿を現します。
そんなことを必須の知識として知っていたのは古代の海洋漁労民族でしょう。
三星の位置で真っ暗な海洋上で東の方角、今の時刻を知ることができました。

さて、その三星から視線をまっすぐ上に伸ばしていくと、画像では 「あめふり」 そして 「すばる」に出会うのがわかると思います。
あめふりは牡牛座のヒアデス星団、すばるは牡牛座の肩にあたるプレアデス星団のことです。

どちらも星がごちゃっとまとまった場所で、空気が澄んだ場所で視力の良い人は見つけることができます。
いすみ市ではなんとか見分けられます。いすみ市に移住した理由の一つが星空が良く見えることでした。

それにしても 「あめふり」 なんて聞いたことがありませんね。
8世紀に編纂された『丹後国風土記』の逸文に浦島太郎の話の原型になった物語が記載されています。
海で出会った美しい乙女に誘われて蓬山(ホウサン)という神仙世界を訪れた時、門前で7人の童子、ついで8人の童子に「亀比売(かめひめ)様の夫がいらした」と出迎えられて不審に思います。
乙女は「7人の子供らは昴(すばる)で8人は畢(あめふり)だから怪しまなくてもいいですよ。」と言って門の中へ案内しました。
--とあります。

海上に昇る星々でみると、最初に現れるのが「すばる」、ついで「あめふり」が昇ります。
物語でもその順に出迎えられました。
すると、乙姫様が住む神仙世界とは、オリオンの三星=住吉神社の神様の世界だと類推できます。
そこは海の彼方か、あるいは海中にある宮殿なのでしょう。
時の流れがきわめて緩やかな不老不死の世界です。

今晩(10/4)は中秋の名月。
かぐや姫が住む世界もまた同様な世界でした。
しばし昔話の世界に浸って夜空を眺めるのも趣(オモムキ)のあることだろうと思います。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント