★秋祭り、ススキの穂の色は「まそお色」

ススキの穂
  真赭(マソオ)色とは赤系統で明るさを落とした感じの色。

日本では古来から硫化水銀から得られる辰砂の朱色が魔よけの色として使われてきました。
古墳時代の棺桶の内側に塗られたり、神社の鳥居の色に使われ、卑弥呼の時代には中国に輸出もされていました。

ススキと言えば十五夜お月さんですが、いすみ市近辺の秋祭りでも重要な素材です。
穂をよく見ると、ススキの若穂の色はかすかに赤味がかっています。それが霊力のしるしです。

ハツクニシラススメラミコト(初めて国を統治した天皇)の名で知られる崇神天皇は国内が混乱した時に、いずれの神様の祟りかを占うために [神浅茅ヶ原 カムアサジガハラ] で祈りを捧げました。
カヤやススギ、オギなどが生い茂る荒野は神の住む場所ように思われたのでしょう。
時代が下がると、浅茅ヶ原は鬼婆が住む場所と恐れられます。
現代では、箱根の仙石原などは一大観光地と化し、恐れる人はいなくなりました。

それでも昔からの伝統を引き継ぐ秋祭りでは、五穀豊穣・大漁祈願・悪霊退散のシンボルとしてススキは欠かせない素材です。
ついでに言うと、いすみ市に昔から住む人々は、祭りをマチといいます。古い日本語です。

そのススキが今年はめっぽう少ないのです。
天候不順のせいか、はたまた草刈り機で毎年のように刈られてしまっているからか、ちょっと寂しい気がします。
まそお色も鮮やかに出ていませんでした。

秋の虫のマツムシはススキに産卵しますから、ススキがなくなれば全滅するのは当然です。
今年はマツムシの声も聞こえません。
秋の七草の一つであるススキは日本の秋を代表する植物です。
空き地に生えているススキは、できれば刈り残してもらいたいものです。

*****

ゴーヤのちょこっと料理――画像がなくてごめんなさい。今年はゴーヤの当たり年。

①ピザパンの具。細切りにしてピーマン同様に使います。
②豚肉ロースの拍子木切りと色とりどりのピーマン、パプリカの細切りを油味噌炒め。

どちらもパパッと料理でゴーヤを簡単に消費できます。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント