FC2ブログ

★映画『ジャイアンツ』を思い出した。

             giant1[1]
 ロックハドソン、エリザベステーラー、ジェームスディーン。トップスター共演の大河ドラマ

中学・高校時代には「映画音楽」というジャンルがあり、よくラジオで聞いていました。
ジェームスディーンの「エデンの東」がヒットチャートの連続一位を続けていたのを覚えています。

そのジェームスディーンの最後の映画が「ジャイアンツ」で1956年の映画ですから、わたしが見たのはリバイバル上映だったのでしょう。
ディミトリーティオムキンの「ジャイアンツ」のテーマソングはとても好きでした。

いくつも印象的な場面がありますが、ラスト近く、南部の超巨大な牧場主であり、油田会社の社長も兼ねるロックハドソンが、かつての雇用人で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの石油王(ジェームスディーン)のパーティに招待され、意気消沈して帰る途中で立ち寄ったレストランの場面。
そこでメキシコ人がメキシコ人であるがゆえに入店を断られます。ロックハドソンが間に立ちますがマスターと殴り合いのけんかになり、打ちのめされます。
その時、バックに流れていた曲が 「テキサスの黄色いバラ」。
今思えば南北戦争の時の南軍の軍歌、行進曲です。もともとはメキシコ民謡だそうです。
この曲も何度もEPレコードで聞いた覚えがあります。

屋敷に戻ったロックハドソンは打撲の跡を妻のエリザベステーラーに介抱されますが、俺の人生は何一つうまくいかなかったとぼやきます。
妻は私の人生もダメだったと思っていたが、今日、あなたの闘う姿を見てあなたを誇らしく思った、わたしの人生は失敗ではなかったと夫に語りかけます。

南部の大富豪であるロックハドソンも成金石油王のジェームスディーンも人種差別主義者です。
しかしロックハドソンの息子はメキシコ人を妻とし、家業は継がないと宣言しています。そんな息子を苦々しく思ってきたのですが、ジェームスディーンに息子の妻がバカにされ、ジェームスディーンと争います。その後で息子はあんな成金などどうでも良い、問題はパパのような良識のある人の偏見だと告げます。それがこたえたのでした。

そしてレストランの場面です。メキシコ人を差別する支配人にロックハドソンは心から怒りに燃えて戦ったのです。そして打ちのめされた。
そんなダンナを奥さんは褒めたたえ誇りに思うと告げたのでした。

それが1956年の映画です。
今年は2017年ですから、61年前の映画で、アカデミー賞をとりました。
アメリカはもうずーっと、南北戦争を経てからもずうーっと人種差別と闘ってきたのですね。

今回のアメリカの事件で、多くの人々が白人至上主義に反対の声明を出しました。
心の心底から人種差別・民族差別に反対する伝統があるのです。

マルチンルサーキングの1963年のワシントン公民権運動の大行進だ成功を収めるには、映画「ジャイアンツ」など地道な努力、キャンペーンがあったのだと思います。

1956年の映画ではロックハドソンは打ちのめされた。しかし妻はそれを誇りに思い夫を称えた。
若かったわたしは映画で、超富豪だって(つまり誰だって)民族人種の平等に目覚めるのだと励まされたような気がしました。
そして歴史はその方向に進みました。

ジャイムススチュアート監督の「ジャイアンツ」はそのテーマソングとともに私の記憶に残る映画です。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント