★ジャコウアゲハの幼虫

ジャコウ幼虫
   ウマノスズクサ(馬の鈴草)だけを食べる

ジャコウアゲハとはアゲハの仲間で、オスがジャコウの香りを放つことが命名の由来ですが、そんな香りは嗅いだことがありません。
クロアゲハに似たすっきりした姿のアゲハです。

ジャコウアゲハはウマノスズクサというツル性の雑草だけしか食べません。
この雑草にはアリストロキア酸という毒があり、ジャコウアゲハはこれを食べても死にません。
毒と共存する特殊な身体を獲得し、幼虫も成虫もその毒を体内に貯めているので、天敵も寄り付かないといいます。

アゲハモドキという蛾がいます。ジャコウアゲハにそっくりな姿がその名前の由来です。
ジャコウアゲハそっくりに擬態すれば天敵に狙われないと進化したちゃっかり者の蛾です。

ところが神様の采配は微妙です。
アリストロキア酸に強い寄生蜂やクモが少数ながら天敵として存在します。
ウノノスズクサしか食べないので、その草がなければ飢え死にです。
雑草刈りで刈られることが多く、各地でウマノスズクサは激減しています。
かなり食欲旺盛で、その1株に多数の幼虫がいると葉不足から共食いを始めます。
その株が小さければ、結局だれも生き延びることはできません。

画像の幼虫は某所の小さなウマノスズクサに産み付けられていた卵を何有荘のウマノスズクサに移したものが、大きく育ったものです。
二匹いたはずなのに一匹しか見当たりません。
食草があれば無事育つというのでもなさそうです。
この一匹はなんとか美しい蝶に大変身してもらいたいものだと応援しています。

*****

いすみ市役所での展示『いすみ市の戦争遺跡』が新聞に載りました。
     千葉日報87 001     IMG.jpg
    千葉日報・県南版(8月7日)       朝日新聞・千葉版(8月9日)

今は平和な景色が広がるいすみ市も72年前は本土防衛の最前線でした。
わたしたちの展示によって、昔を知る人々が戦時中の苦労を語りだすきっかけになれば良いなと思っています。
その苦しみ、悲しみ、怒りがあったからこそ戦後の平和が続いてきました。
その思いを語り継ぐ時代になりました。


 


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント