★黄色くなったゴーヤは捨てないで

ゴーヤ1
    真っ赤なルビーのような種

この真っ赤なゼリー状の部分はとても甘くて、小型のガラスの器などに入れて出せば、ちょっとしゃれたデザートです。
もちろん中の種はたべられません。
洗って乾かして保存しておけば、来年、芽を出すかもしれません。

黄色くなった果肉は生食できます。もう苦みがほんの少ししか残っていません。
だから、スライスして野菜サラダの彩りに添えることができます。
まだ黄色くなりかけで、しっかりした体型を持っているならば数分間ゆでた方が良いでしょう。

ゆでたゴーヤのスライスをマヨネーズで食べても、ポン酢で食べてもお好みです。
ジャムにするという方もいるようです。

一番簡単な使い道はジュースです。
画像は黄色いゴーヤとバナナ、それをりんごジュースで割ったものです。
        ゴーヤジュース

ゴーヤのストレートは飲んだことがありません。
合わせるのは、バナナ、りんご、桃、パイナップルなど何でもOK。
牛乳で割ったり、飲むヨーグルトで割ったりするのもお好みです。

黄色くなったゴーヤをこのまま放置すると、パックリ実が割れて中の真っ赤な種が見えて、何やら不気味な雰囲気です。
やがてボトッっと落ちてアリが群がります。
しかし、これが正常なゴーヤの一生です。
芽が出て花が咲き、実ができたら熟れて種を落して一生を終えます。

私たちが利用するゴーヤはまだ未熟な果実で、だからこそ青くて苦みがあります。
果実をねらう鳥たちに、苦いぞと信号を送り、未熟な種子を守ります。

種子が熟すと、おいしそうだろうと色で野鳥を誘い、食べてみれば苦くなく、ついでに種まで飲み込んで、その種は真っ赤なゼリー質に包まれているので飲み込みやすい。そして糞と一緒にどこかに排泄してもらえば、ゴーヤの子孫繁栄が保証されるという段取りです。

もっとも食材としてのゴーヤは苦みが身上ですから、黄色くなる前の青いゴーヤが一番良い。
ビタミンCも青い方がずっと多い。
黄色くなる前に採集しましょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント