★戦争末期、人間魚雷“回天”基地が大原にもあった。

人間魚雷回天断面図
     回天断面図 魚雷に乗り込み敵艦に突入する兵器

東京芸術座が8月15日から 『父を騙(ダマ)す 72年目の遺言』 を上演するといくつかの新聞で取り上げられていました。
認知症になりかけた父を騙して施設に入れようとする家族に対し、すべてを忘れ去る前にこれだけは語り残したいと、父が語り始めたことが人間魚雷“回天” です。

それとは別に2年前の8月15日にあるブログで、「18歳 回天特攻隊員の遺書」が掲載されました。

―――

お母さん、
私は後3時間で祖国のために散っていきます。  


胸は日本晴れ。 
本当ですよお母さん。
少しも怖くない。  

しかしね、
時間があったので考えてみましたら、
少し寂しくなってきました。

それは、
今日私が戦死する、通知が届く。 
お父さんは男だからわかっていただけると思います。  


が、お母さん。 

お母さんは女だから、
優しいから、
涙が出るのでありませんか。

弟や妹たちも
兄ちゃんが死んだといって
寂しく思うでしょうね。
 

お母さん。

こんなことを考えてみましたら、
私も人の子。やはり寂しい。

しかしお母さん。
考えて見てください。 
 
今日私が、
特攻隊で行かなければ、
どうなると思いますか。  

戦争は
この日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。


母さん

今日私が特攻隊で行かなければ、
年をとられたお父さんまで、
銃をとるようになりますよ。


だからね、お母さん。  


今日私が戦死したからといって
どうか涙だけは耐えてくださいね。

でもやっぱりだめだろうな。 
お母さんは優しい人だから。  


お母さん、

私はどんな敵だって怖くはありません。


私が一番怖いのは、
母さんの涙です。

―――

わたしが住むいすみ市の大原にも漁港に隣接して巨大な地下回天基地が建設されました。
回天が格納され、港内にレールで引き出されるための開口部が一つだけ残っています。
大原回天跡地

幸いなことにと言って良いのかどうか、特殊魚雷回天を載せた輸送船が大原に向かう途中で米軍の攻撃を受けたのか、敷設された機雷に触れたのか沈没しました。

大原で待機していた特攻隊員は不完全燃焼のまま終戦を迎えました。
わたしの叔父(93歳)も予科練崩れで、戦後はいろいろあったようです。
今は、戦争なんかない方が良い、平和が一番だよと言っているのは遺言のようなものだと心して聞いています。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント