★ゴーヤの佃煮

ゴーヤの佃煮

まだいすみ市に定住せずに通っていたころ、夕食を食べた地元の食堂でみかけない佃煮が出されました。
これはもしかしたらゴーヤなのかとおかみさんにたずね、そのレシピを聞き取りました。
その後、自分で工夫したり、最近はググって他の人のレシピを参考にしたりしました。

私好みの、面倒くさくなく手軽で美味しい佃煮レシピは 【農家のレシピ】ゴーヤの佃煮 でした。
以下、ほぼ丸ごとパクリです。

【材料】
ゴーヤ 500g  醤油 50cc  砂糖 100g 酢 40g カツオ節 10g  ゴマ 適量

【作り方】
 1.ゴーヤは縦に切ってスプーンなどで種と中の綿を取り除きます。
 2.2ミリくらいに薄く切り、熱湯にいれサッと茹で、水けをしっかりと絞ります。
 3.砂糖、醤油、酢をあわせて沸騰させ、その中にゴーヤを入れて中火で煮ます
 4.汁気がなくなるまで煮込み、最後にかつお節とゴマを入れば出来上がりです。

このレシピの良い所は、特別な材料は必要とせず、今、台所にあるもので出来上がる点。
ゴーヤは油物、あるいはたんぱく質と相性が良いと言われます。
だから豚肉、じゃこ、豆腐、揚げ豆腐、卵などとよくコラボされます。

ゴーヤチャンプルなんか典型的ですね。
当時はゴーヤチャンプルしか知りませんでした。
でも冷蔵庫にいつも豚肉、じゃこ、豆腐があるとはかぎりません。
カツオ節さえあれば成り立つ和風の定番 “佃煮” はゴーヤの消費方法として優秀です。

アレンジは何とでもできることが、また魅力です。
  合わせられる食材は豚肉や豆腐の他に、エノキ、シイタケ細切り、ひき肉、ドライトマトなど。
  味付けの変化:味噌味、唐辛子少々、柚子胡椒少々など。

考えるだけならば、無料で自由ですから、あれやこれや想像の翼を広げるのは楽しいことです。
失敗したって実被害はありません。
これはうまそうだ、という組み合わせが煮詰まったら実際に作ってみましょう。
うまくいったら、心ひそかに自慢です。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント