★万能調味料マッサを作ってみた

マッサ
    なにやら真っ赤なジャムのようなただずまい

TVでポルトガルの万能調味料だというマッサ(MASSA)が話題になっていました。
さっそくネット検索して、料理研究家やまでらくみこさんのレシピで真似してみました。

必要な材料はパプリカ(赤2個)と塩(40g)だけです。
種をとって適当に切り分け、塩漬けにして冷蔵庫で1週間。
水で洗って塩水気をとり、天日干し1日。
フードプロセッサーでガガ―っとやれば出来上がり。

何に使うかといえば、万能調味料ですから何にでも合わせればよいのでしょう。
冷奴、パスタや炒め物、サバの切り身のフライパン焼きの調味料…などが例示されていました。

それで一番簡単な冷奴にのせてみました。
ちょうど練り梅を載せたような感じですが、パプリカだから色が鮮やかです。
で、肝心の味ですが、ちょっと塩辛かった。
塩が多すぎたのかな? 
パプリカの味が隠れてしまっています。
       冷奴


せっかく作ったのですから、パスタやチャーハン、チキンライスなどに使いましょう。
また作るかどうかは、いろいろ使ってみてからの話ですね。

****

いやぁ、今日も暑かったですね。
気象庁発表の気温とは、広い芝生の上の、風通しの良い日影での気温ですから、生活実感温度とは2~3℃のずれがあります。

直射日光に照らされている建物の屋根や壁は朝から熱を蓄え続けます。
特にコンクリは蓄熱体ですから、マンション住まいの方は気の毒です。

吉田兼好が徒然草の中で――家の作りやうは夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居は堪へ難き事なり。――と言ったのがわかります。
熱中症で週に何百人も救急車で運ばれ、死者も出るなんて困ったものです。
冬は寒くともこんなに救急車は出動しません。

さて、7月19日(水)からが「土用」で、いくらなんでも気象庁は梅雨明けを発表するでしょう。
そして23日(日)からが本格的な「大暑」ですから、想像するだけで頭がくらくら、足元がふらふら。

朝夕に少し仕事をし、暑い昼間は昼寝などして、人様の迷惑にならぬよう・心配かけぬよう、頑張らないで夏を切り抜けることにしましょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント