★ヤブカンゾウのお浸し

ヤブカンゾウ2
         ツボミを調理する

いすみ市で花咲かせているヤブカンゾウとはこんな花→●
若い芽はピカイチのおいしい野草ですが、今の時期のつぼみはさらに優雅な味わいです。

一日花なので、すでに明日、明後日などのつぼみが育っています。
そのツボミをいくつか採集し、軽く汚れを落とす程度に水洗い。

お浸しですから、ホウレン草や小松菜の場合と作業工程はほぼ同一です。
少々の塩を入れて沸騰させた湯に数十秒間つけてから冷水にとり、ざるにあげる。
水気をキチンペーパーで吸い取る。
器に盛り、漬け汁をかけまわせばできあがり。

漬け汁は「そばつゆの素」を水で割れば一番簡単だけれど
本格的に作るならば、醤油、味醂、砂糖、出し汁、酢--の「甘酢たれ」が良い。
まぁ、いつものように適当に作れば、それで良いでしょう。

多少のぬめり分と新鮮な歯ごたえが共存する野草料理の逸品です。

湯がいた後、乾燥保存させれば、中華街で売っている「金針菜」だそうです。
わたしは購入したことがありません。
水で戻して、天ぷら、炒め物や汁物など何にでも使うようです。

そんな面倒なことをするより、旬の時期に旬の食べ方――「お浸し」が一番簡単で、だからこそ一番おいしいのではないかと思います。

北九州をはじめ、全国で異常気象、異常降雨が続いて被害が出ています。
温暖化の影響なのでしょうか。
ボランテイアや行政の支援が入り、少しは回復が進んでいるようです。

異常気象はますます進み、東京下町が水没する「線状降雨帯」の襲来も杞憂ではなくなりました。
そんなことは考えもしなかった――とはいかないようです。

草深い田舎でも、ハイテク大都会でも大きな被害がありうる時代に生きています。
支援の手にすがりつつ、それでも、もしもヤブカンゾウのツボミが現地で手に入ったならば、
少しは生きていく力になれるのではないか、と思います。

自然には人々の心を癒(イヤ)す力があり、その力の利用法を多くの人が心得ていれば良いなと思います。
ヤブカンゾウのお浸しだって、そんな一品になることでしょう。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント