★暑さ対策――遮光ネット

遮光ネット
    南側にずっと遮光ネットを張り巡らした

梅雨明け宣言はまだだというのに連日の暑さです。
例年ならば梅雨明けに設置するのですが、耐え切れずに設置しました。
遮光率75%の農業用ネットですが、これがしゃれたタープよりも安くて軽く扱いやすいのです。

直射日光下では人間干物ができてしまうくらいの暑さですが、
この下にいると風が通り、涼しいと感じます。
ちなみに気温30℃でも、直射日光下のアスファルト舗装道路表面は50℃だとか。

夏の海岸の砂浜も裸足で歩くのは困難ですね。
何有荘ではなるべく地面がむき出しにならぬようにしていますが、それでも強い直射日光(熱)が庭に反射して室内に入り込みます。

夏の直射日光は屋根の庇でさえぎりますが、庭からの反射までは計算しませんでした。
それで遮光ネットを考え付きました。
いい調子です。

東西北の開口部にはスダレやタープ、グリーンカーテンなどで直射日光をさえぎっています。
ともかく直射日光をブロックすること。
風の通り道を確保すること、
そして緑を多くして植物の蒸散作用による気温降下を期待し、朝晩は水遣りすること…。

それでもやはり、夏は暑いです。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント