★いすみ市はヤブカンゾウの季節

ヤブカンゾウ2
   ユリの仲間。近縁種には、ノカンゾウ、ニッコウキスゲなど。

薮萓草と書き、豆科の甘草とは音が似ていますが、全く無関係。
7月になるとあちこちで咲きだします。多くの場合、他の雑草に紛れていますので、草刈り機で刈られてしまうのが残念です。
春の若い芽も今の季節の花のつぼみも、びっくりするほど優秀な野草料理の一品になるのに…。

万葉集の時代から「忘れ草」の名前で知られていました。
若いころ、勿忘草(ワスレナグサ)をあなたに、なんて歌が流行りましたが、こちらは忘れ草。

一日花で、日ごとに新しい花が咲き、次々に花が散るので、過去にとらわれない花とみなされ
嫌なことや未練を断ち切るにはこの花を見習えばよいと万葉の人々は思いました。

   忘れ草 垣も繁みに植えたれど 醜(しこ)の醜草(しこくさ) なお恋にけり
                       『万葉集』巻十二3062 詠み人知らず

――忘れさせてくれる草と聞いて垣にたくさん植えたのに、ちっとも効き目がなくて、あの人のことが忘れられない。なんて役に立たない草だ、なんてバカな名前の草なんだ――

次は政争に敗れて大宰府に左遷された大伴旅人の歌。巻三 334

    わすれ草 わが紐に付く 香具山の故(ふ)りにし里を忘れむがため

――忘れ草を私は腰の紐に付けている。香具山のふもとの懐かしい故郷を忘れるために――
大伴氏は天皇がまだ大王(オオキミ)と呼ばれていたころの大豪族でしたが、奈良時代になると次第に藤原氏などに圧迫されて地位が低下し、ついに左遷されます。その頃の歌二首。

   344番  あな醜 賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似む
   348番  この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我れはなりなむ


偉そうに酒も飲まずに説教垂れる人を良く見ると猿に似た顔で醜い姿じゃないか、と歌ってみたり、
楽しければ来世に生まれ変わるのに虫でも鳥でも構わないとうそぶく旅人ですが、つい寂しさに腰にヤブカンゾウを挿して、できれば昔の栄華は忘れたいと願うのでした。

やがて平城京に帰還できますが、息子の家持はさらに大弾圧を受けます。それはまた別の話。
万葉集の編纂者として知られています。その家持がまだ若いころの歌。巻四・727

  忘れ草 我が下紐に付けたれど 醜(しこ)の醜草 言(こと)にしありけり

大伴家持の歌は上記3062番を踏まえていて、同じ語句が採用されています。恋の相手は後に妻となる坂上大嬢(サカノウエノ オオイラツメ)。
名前の割には全く役立たずのバカ草じゃないかとののしっています。

万葉時代の人々にはそれほど愛され、頼りにされ、そしてののしられた花なのに
現代人は見向きもしない人が多いのは、昔の人より悩みが少なくなったからでしょうか。
いや、そうではなく、花に慰められる暇さえ見つからないからだと思います。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント