★玄米焼酎でビワの種酒作り

玄米焼酎ビワ酒
    小正醸造の玄米焼酎              ビワの種の2~3倍の焼酎

ビワの季節です。
直販所では大きく立派なビワやちょっとなぁと思うビワまで各種売られています。
今年は何有荘のビワも剪定したのでどうにか食べられる実が成りました。

ビワの実を丸々漬けるビワ酒というのもあるのですが、
実(み)はもったいないのでしっかり頂いて、種だけを焼酎に漬けました。

種は良く洗い、完全に乾かしておきます。
35°の焼酎を2~3倍注ぎ込んで3~4か月過ぎれば茶色い色がにじみ出て完成。
でも半年~1年はじっくり寝かしてからの方が味が良いし、効能も高くなるらしい。

焼酎は梅酒用のホワイトリカーが癖がなく安価で良いが
今回は超豪華な玄米焼酎を頂いたので、それで漬けることにしました。
やはり玄米焼酎の方が味が複雑で香りも高いと思います。

せっかく高価な玄米焼酎が手元にありますから
次はビワの葉酒を作ってみましょう。
ビワの種酒も葉酒も砂糖を加えていませんから飲みやすいものではありません。
左党がちびちびやるものです。
水割り、お湯割り、炭酸割りで少しは飲みやすくなります。

効能はというと、もう万能薬で
動脈硬化、高血圧予防や疲労回復、咳止め、食あたり、利尿
肩こり、腰痛、打撲に虫刺され…
ここまでくると、本当かしら?と思っちゃいます。

昔から良いと言われていますから、あまり実感はないけれどきっと良いのでしょう。
信じる者は救われる、心理的効果は大きいかと思います。

******

つげ義春氏(80) 日本漫画家協会賞、大賞受賞(2017.05.09)

このニュースを今日知りました。
学生だった頃、漫画雑誌に独特の作風の「劇画」を連載し、強烈な印象を残しました。
つげ義春氏は房総とも関係が深く、大多喜町の旅館に滞在し、大原や大多喜に取材していたとは、こちらに移住してから知りました。

あのリアルな風景描写はここの地のことだったのかと思うと妙に納得します。
その氏が今も健在であり、今になって大賞を受賞したのが驚きです。
そしてやっと氏の素晴らしさが世間に評価されたのか、と思うと感無量です。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント