★長南町へ花菖蒲を見に行く

花菖蒲
   花びらの中央に黄色いマークがあれば花菖蒲

3万株の花菖蒲があるという 「花菖蒲園 白井田園」へ花菖蒲を見に行きました。

すでに公開期間は終わっていましたが、電話すると 「花は少しは残っている。外出中だが門は開いているのでご自由に見学してください」 というありがたいお言葉。

6月中旬ごろまでが見ごろだったようです。公開期間が終わっていたのでだれ一人いないので静かにじっくり見学できました。
花菖蒲の他にニッコウキスゲが多く、フジバカマも少々見られました。園路にはよくわからないオブジェも設置されています。
茅葺の古い家屋は絵画などのギャラリーに利用されているようです。

花菖蒲は江戸時代に品種改良がなされ、何百種類も存在すると言います。
その一端を見たかったのです。

a.jpgb.jpgc.jpg
d.jpge.jpgf.jpg

上記画像で示した通り、どれも黄色のマークがついていました。
下記画像のように、アヤメはそこが綾目模様。カキツバタは白で、区別できます。
アヤメカキツバタ

菖蒲は音読みでショウブ、訓読みでアヤメ。
菖蒲と書いても、ショウブとアヤメとでは全く別種ですからややこしい。

五月の菖蒲湯に使うショウブは地味な花で、アヤメの仲間ではありません。
菖蒲

花菖蒲はアヤメやカキツバタと同じく アヤメの仲間でよく似ています。
本当のショウブは、最近では葉菖蒲ということが多くなってしまいました。

花菖蒲の花は大小あり、豪華な花や清楚な花があり、色とりどり。
全国各地の 「あやめ祭」 とは厳密にいえば 「花菖蒲祭」 のはずですが
花菖蒲もアヤメの仲間だから、間違いとは言えないものの、ちょっとねという気がします。

アヤメとカキツバタ、ショウブとハナショウブ。花が咲いていれば区別はつきますが
花のない時期は難しい。
葉の形、大きさ、姿、そして陸生か湿性かで区別しますが、その話は別の機会にしましょう。
調べるなら このサイト が読みやすい。

いすみ市には葉菖蒲、花菖蒲、アヤメ、カキツバタのいずれも見ることができるので、調べているうちに、ちょっと詳しくなりました。
都会より田舎の方が良い、と思えるのは豊かな自然に恵まれているからです。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント