ゴーヤとベーコンポテト

   

ゴーヤは油と相性が良く、ゴーヤの苦みがマイルドになります。
ゴーヤは苦みが「売り」ですから、5mm巾にしました。
ジャガイモが入ると箸休め感覚で食が進みます。
油でニンニクを炒めたり、パプリカを炒めて混ぜるなどグレードアップできますが、できるだけ簡単手軽なレシピにしてみました。

材料(3~4人分)
 1.ゴーヤ1本。縦半分に切り、綿と種をスプーンで除き、5mm位の半月切り。
 2.ジャガイモ(メークイン)中。2~3個。短冊切りを水にさらしておく。
 3.ベーコン3~4枚。短冊切り。
 4.オリーブ油スプーン大1。醤油大2。バター大1。削り節たくさん。

調理方法
 1.水を切ったジャガイモを3~4分電子レンジで加熱。
 2.フライパンにオリーブオイル。ベーコンを炒め、別皿に取る。
 3.フライパンにジャガイモを入れて焦げ目が軽く付くまで炒めて別皿に。
 4.フライパンにバターを入れ、ゴーヤを炒める。
 5.そこにベーコンとジャガイモを入れ、よく混ぜ醤油をかけ回す。

これで出来上がり。お皿に盛った『ゴーヤとベーコンポテト』にこれでもかと削り節をかけて召しあがれ。
もしも味が薄いようならば、塩胡椒か醤油を追加して下さい。
バクバク食べられるゴーヤ料理です。

豆腐やタマゴを入れないだけでゴーヤチャンプルとは別料理になりました。
最後に入れるバターと醤油が絶妙な味のポイント。
野菜炒め風のゴーヤは苦みが邪魔にならず、苦みが魅力になっています。
この苦みが夏を乗り切る活力源だ、と自己暗示をかければ一層食が進みますヨ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント