★長年の疑問が解決――ヒクイナの鳴き声

ヒクイナ
   まだ実物に出会ってないので、画像を転載 転載元→T/Hの野鳥写真-Ⅰ
   鳴き声は→こちら(YouTube)

谷津干潟に珍鳥ヒクイナが姿を見せたという新聞記事を読んで改めて調べ直してみました。
ヒクイナは水辺の夏鳥で、湿地帯の減少にともなって今や絶滅危惧種。
古くは単にクイナとよばれ、日本の古典文学にたびたび登場する「くひな・水鶏」は、画像のヒクイナを指していることが多い――のだそうです。

「夏は来ぬ」という佐々木信綱作詞の有名な唱歌があります。
その四番は
    楝(おうち)ちる 川べの宿の
    門(かど)遠く 水鶏(クイナ)声して
    夕月すずしき 夏は来ぬ

なにせ明治時代の国文学者の歌詞ですから、現代人には意味不明のことが多い。
楝(おうち)とは、夏に薄紫色の花をつけるセンダン(栴檀)のこと。
いすみ市でも時折見かける樹木です。(双葉より芳しのセンダンとは別種)

古くからクイナの鳴き声は、夜中、誰かが門をたたく音に似ていると親しまれてきました。
どんな鳥なのか、どんな鳴き声なのかとずっと思ってきました。

大正堰には冬が近くなるとクイナの仲間のオオバンが来ます。
水面を泳いでいる時、水辺を歩く時、首がひょいひょいと前に出ますから、ニワトリの歩き方に似ています。
それでクイナを水鶏と書くのかと納得したものです。

それはそうとして、クイナの声がするから、もう夏が来たのだというのが四番の歌詞です。
最近はネットが便利で、クイナの鳴き声も検索できます。
でもちょっと門をたたく音には聞こえないなぁと思ってきました。

昔の人はクイナというけれど、本当は、ヒクイナのことでした。
ヒクイナの声なら、何有荘に転居してから明け方まだ暗いうちに度々聞こえてきました。
  ヒョン、ヒョン ヒョン ヒョン と鳴きます。 

ヨタカに似ているけれど、ヨタカがいすみ市にいるなんて聞いたことがありません。
いったい何だろう?と前から疑問に思ってきました。
それがヒクイナ(緋色のクイナ)の声だとわかり、安心しました。

今年も約一か月前から鳴いています。
ホトトギスと同じく夏鳥ですから 「夏が来た」にふさわしい鳴き声です。

断続音が連続しているけれど「戸を叩く音」とはやはり少し異なります。
バードウオッチの達人によれば、戸を叩くような音で鳴くこともあるそうです。

そしてヒクイナは絶滅危惧種の中でも最重要保護生物だそうで、大正堰とその隣の新堰に渡ってきているとはびっくりです。
そこは荒れ地ではなく 貴重な自然環境でした。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント