★最近買った優れもの――珪藻土の除湿スティック

カラリ
   商品名、『カラリ』。1cm幅、5cm長、4本で300円。

キッチンの砂糖や塩はポットの中で塊になりがちです。
このスティックを1本、2本入れておけば、砂糖も塩も固まってしまうのをかなり防げます。

『カラリ』は四角いプレートとか、いくつかタイプがあり、消費者の使い勝手を考えています。
珪藻土ですから、汚れたら水洗いが効きます。
湿気を吸い取り、目いっぱいになれば日光に干せば回復します。

珪藻土のスプーンとか、珪藻土のポットなども最近は売り出されていますが、ちょっと高価。
安価な画像の商品でとりあえず満足しています。

★最近、何有荘前によく来るシジュウカラ
         シジュウカラ2

見上げて撮ったから、全体像が良く分かりませんね。正面横向きです。
スズメとほぼ同じ大きさで、頭と首が黒。そして首から腹の真ん中にかけて黒い模様。
この模様を「黒いネクタイ」と称します。
頬は白。羽は緑色がかった白黒でなかなか美しい。

都会地でも緑のある公園で良く見かけ、川崎に住んでいたころからのおなじみさんです。
ツピーッ ツピーッ ツピーッと良くさえずります。
小鳥にも縄張りがあり、昨年まではほとんど見かけなかったのに 最近よくやって来ます。

200mほど離れた電線には数十羽のムクドリがよく止まっていて、かしましい。
あの集団はいつもそこどまりで、何有荘前には来ません。
集団でやってくると迷惑なので、縄張りを拡張しないようにと切に願っています。

シジュウカラの仲間にはコガラ、ヒガラ、ヤマガラがいます。
このうち、ヤマガラのお腹は赤くて、一番の美人のような気がしますが、あまり見かけません。
もう少し山林ぽい場所が好きなのでしょう。

今、一番大声で鳴いているのはオオヨシキリ。
姿が見えないけれどウグイス、コジュケイ、ホトトギス。
今年からシジュウカラが加わり、にぎやかになりました。

何有荘前の大正堰には、天気が良いと海岸方面からアジサシという白い鳥が飛んできて、狙いをすまし、ダイビングして魚取りをします。
今日は雨模様なので来ていません。かわりにツバメが超低空飛行で飛んでいます。
今日はこれから大雨になるとの予報でした。
昔からの言い伝え通り、「ツバメが低く飛ぶときは雨」 です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント