★スイカズラの花

 スイカズラ
    いつもの散歩道で

何有荘周辺は緑が多く、生垣も他地区で多い槙(マキ)の塀ではなく、ネズミモチやトベラなど常緑樹の生垣多いのが特徴です。
その生垣の隙間にはスイカズラが混ざっています。つまりスイカズラを見る機会は多々あります。

スイカズラは「吸い蔓」であり、花の付け根に蜜があり、その蜜を昔の人は甘味料代わりにしたのだとか。蜜を吸う蔓だからスイカズラと命名。
英語名がハニーサックルというのも同じ理由でしょう。

手元のハーブ図鑑にはハニーサックルとしてスイカズラが載っています。
この両者は近縁種ですが厳密には違うものです。
スイカズラは常緑ですが、ハニーサックルは落葉樹です。

花の色もちょっとちがう。ハニーサックルはピンク系です。
スイカズラは画像のように金銀の二色。金銀花と言います。
以前、松島の瑞巌寺に行ったとき、庭に金銀木が植えられていました。
こちらはヒョウタンボクという別物ですが、花が白→黄に変化するのはスイカズラと同じです。
金銀花と金銀木、まぎらわしい命名ですね。

スイカズラは常緑だからこそ生垣にも採用されているわけで、その点に注目して「忍冬 ニンドウ」 という別名があります。
冬の寒さを耐え忍ぶという命名は、逆境にもめげずに頑張るという日本人好みの名前です。
そんな名前にひかれてフェンスに這わせたことがあります。
ところが生育旺盛でジャングル化して始末に困り、やむえず削除してしまいました。

ツタ植物ですから、スイカラというのが正式なのでしょう。しかし最近はスイカラという表記があたりまえらしい。
そんなことは、まぁ気に入らないけど、どうでもいい。

それより面白いのは、スイカズラ(忍冬)なんて朝から晩まで働いていたころは見たことがなかったのに、それをデザインした絵柄は昔から知っていました。
それは、ドロボーさんの必須アイテム・唐草模様の大風呂敷。

唐草模様はエジプト発祥でギリシャローマに伝わり、シルクロードを通して日本まで伝わりました。
仏教とともに日本に入り、葡萄唐草文様や忍冬唐草文様が有名です。
奈良・薬師寺の聖観音菩薩の光背の文様が忍冬唐草文様だそうで、そういわれれば少し葡萄唐草文様と違います。
もっとも、そんなことを気にするのは専門家だけでしょう。

常緑のスイカズラをどうデザインするのか、あえて花を省き、伸びるツル部分だけを無限拡大したデザインの能力に感心します。
ドロボーさんの唐草文様は江戸時代にさらに進化し、今では原型が忍冬唐草文様だとは気づく人はあまりいないでしょう。
それでも、日本人ならば誰でも知っているあの模様のオリジナルがスイカズラだと知ると、スイカズラって偉いなぁと親しみがわきます。

      蔓唐草文様 ツタ唐草文様 奈良時代



 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント