★虫刺され、ヘビイチゴのローションの作り方

蛇イチゴローション
     庭のヘビイチゴの赤い実を焼酎に漬けるだけ

五月も中旬を過ぎると、田舎ではいろいろな不快害虫の季節になります。
庭仕事していると いつの間にか虫に刺されていたり、かぶれていたりすることがあります。
そんな時に活躍するのが画像の蛇イチゴローション。

蛇イチゴを摘んで洗って水気をとり、乾いたらビンに入れて焼酎を注げば仕込みは完了。
1週間もすれば赤い実の色が抜けて焼酎に移りますから、その頃完成。
別に、実を撤去する必要はないけど、100均の小型スプレー容器に入れて使うのが簡単便利。

蚊、アブ、蜂、蟻、毛虫――なんにでも効きます。
肌荒れ、湿疹、かぶれ、あせも――なんにでも効きます。
痛み、かゆみ、腫れ――なんにでも効きます。

信じられないでしょうねぇ。
イワシの頭も信心から―――そんな思い込みだと思っていましたが、本当に効くんです。
何もお金を出して、たいして効きもしない市販薬を買うことはありません。

使い方は、時間をおいて何回か塗るのが良いようです。
焼酎は梅酒用のホワイトリカー35°を使っています。
アルコールに弱い人は少々塗ってアレルギー反応があるかどうかのバッチテストをした方が良いでしょう。

年寄りの年季の入った皮膚ならともかく、幼い子の柔らかな肌に塗るのは躊躇します。
でもね。大丈夫なようです。
ちょっと塗って試してみたら良かったので、大胆に塗ったら治ったという報告がありました。

毎年、不快害虫の季節になると、それに対抗する植物の季節になる――すばらしい自然のシステムです。
何有荘では毎年このローションを作っており、試していようと思う方にはお分けして喜ばれています。
田舎ならば、ちょっと山野に出かければヘビイチゴは手に入ります。
何有荘の庭はまるで雑草園のような庭ですから、そんな庭も大変便利なものです。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

komakoさんに教わったヘビイチゴ焼酎漬けは本当に良く効くので、毎年作って、毎年宣伝しています。ばあちゃん、いつまでもお元気でいてください。

No title

ヘビイチゴの焼酎漬け、私も使い続けています。効きますよね。先日医者が、ばあちゃんに虫刺されの薬を出すと言ったので、ヘビイチゴローションの話をしたのですが、怪訝そうな顔をされました。