洗濯機のカビ取り

 
 全自動洗濯機にカビが着くのは避けられないようです。
 娘がアトピーなので随分前から合成洗剤も 純粋な石鹸も使わないで洗濯しています。洗濯が終わればフタを開け放して乾燥させるようにしていますが、それでもカビは着きます。

 カビ取りなんとかという商品も売られていますが、どの家庭にでもおそらくはあるだろう酸素系漂白剤でカビ退治できます。

 コップ1杯分の酸素系漂白剤を水をはった洗濯機に入れ、数分間、回転させてなじませ 1時間ほど放置します。
 強洗いか、洗濯槽洗浄コースを選択して10分ほど回転させ、また30分ほど休みます。
 そしてまぁ気の済むまで回転させます。

はじめは細かい黒いカビが取れ、やがてベロリと膜層になったカビが取れてきます。
まるで ワカメが大量に泳いでいる状態です。
家内は 「見て、見て、すごいよ」 と喜んでいますが
本当は喜べる状態ではありません。

放置すると、いや、気を遣っているのにこんなにカビが着く商品って欠陥じゃないだろうかと思ってしまいます。

カビが取れるのは漂白剤によってカビが殺されたからであって、酸素系漂白剤のものすごさが判ります。
塩素系漂白剤は試していませんが、おそらく同様でしょう。

我が家の風呂場のカビ退治は 「カビキ○ラー」 を使わないでも 「重曹水」 で十分だと言うことが判り、最近はゴーグルが必要だのゴム手袋をしろ などという危険な化学物質とは縁を切りました。

わたしたちは、たぶんCMに毒されているか、科学的手抜き生活が先進的と勘違いしているのでしょう。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント