★昨日は菖蒲とヨモギのお風呂

菖蒲ヨモギ風呂

昨日は5月5日。端午の節句。
端午とは旧暦五月の最初の午(ウマ)の日という意味ですが、新暦となり、端午のゴと五月のゴ、五日のゴつながりで、この日が無理やり端午の節句になりました。
それで正式には端午の節句ではなく、こどもの日です。

昔、江戸時代の頃、端午の節句には菖蒲湯に入る習慣がありました。
前日から菖蒲とヨモギを軒先に吊るし、邪気払いをしてその菖蒲とヨモギを風呂に入れて薬草湯としたものです。
ちょうどその時節は梅雨の湿った季節ですから、体調不良を菖蒲湯で立て直すという意味があったのでしょう。

最近まで、菖蒲湯用の菖蒲がスーパーなどで販売されていましたが今年は売っていませんでした。
それで近くで菖蒲を採集してきました。
夷隅川河口部に広がる湿地帯には菖蒲が自生している場所が意外にあるものです。

菖蒲は地下茎で増えます。その地下茎が一番香りが高い部分です。
だからなるべく地際で刈り取るのがコツです。
この香りが邪気を払う香りだと珍重されたのでしょう。
何とも言えない不思議な香りですが、不快なものではありません。
お湯に浸かっていると菖蒲からその香りが際立ちます。

ヨモギは日本の薬草の中では王者と言われるくらい効能のある野草ですから、菖蒲とヨモギの組み合わせは最強タッグみたいなものです。
つまり、菖蒲もヨモギも日本のハーブです。

しかし、惜しむらくは端午の節句は新暦5月5日ではなく、旧暦五月の初の午の日ですから、菖蒲の季節にはまだ早すぎます。
今年のカレンダーでいえば、旧暦五月皐月の初午は5月31日。
つまり、26日後が本来の端午の節句の日。1か月近く後が本来の日です。
その頃になれば菖蒲の香りはもっと強くなり、菖蒲の花が咲くころです。

もっとも、その花はおなじみの花菖蒲やアヤメ、カキツバタとは似ても似つかない地味な花です。
これらの花はアヤメ科の花ですが、菖蒲湯の菖蒲は里芋の近縁種ですから、水芭蕉の中心部のような地味なものです。
その時期になったら画像でアップするつもりです。

ちょっと早すぎる菖蒲湯ですが、季節の香りを少し楽しむことができました。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント