★竹林の中にクマガイソウ(熊谷草)

クマガイソウ
    袋状になったきわめて特徴的な花が咲く

レッドデータ、絶滅危惧種Ⅱ類、千葉県重要保護植物。
荒れた竹林を整備してくれたら、そこのタケノコはどうぞご自由に、ということで仲間とともに足を踏み入れた竹林で見つけたクマガイソウです。

竹林は何本も古い竹が風で倒れており、ジャングル状態、無秩序、密集した竹を運び出し、切り倒し、焼却して竹炭を作り、竹チップを作るなど、竹林整備は思いのほか大変です。
そこでクマガイソウを見つけた時はびっくりしました。
なにせ千葉県に限らず、全国的に絶滅の危機にあるラン科の植物です。

手入れの行き届いた大きな農家やお寺の庭、あるいは野草園で見たことがあります。野生状態で見たのは初めてでした。
竹林のそこここに生えていますが、竹林整備作業で踏まれてしまいます。あわてて目印になる竹棒を刺して注意を喚起しておきました。

きわめて特徴的な花の形を昔の騎馬武者が背中に負った母衣(ホロ)に見立てたものです。
クマガイソウにそっくリで、花の色が濃い紫だと、アツモリソウ(敦盛草)と言います。

敦盛は平家の公達。一の谷の合戦で沖合の平家の船に逃げ込む寸前で、源氏方の熊谷直実に討たれます。
自分の息子ぐらいの年齢の若武者だと気づき、一度は見逃そうと思った直実ですが、後から押し寄せる味方の手前、やむなく格闘の末に首を落します。

『平家物語』のこの一節にちなんで、地味な花が年寄りの熊谷直実、濃い紫のあでやかな花が平敦盛というわけです。
命名者はだれだか知りませんが、なかなか趣のある命名です。

      アツモリクマガイ7
       画像元: 『平家物語画帳、敦盛最期』 根津美術館


 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント