★ザワークラウト(酸っぱいキャベツ)作り

ザワークラウト
    ジップロックの中で良い具合に発酵してきた

春キャベツの季節です。キャベツは天然の抗ガン剤とか天然の胃薬として知られています。
とんかつにキャベツは最高の組み合わせだ、とどこかで読んだ記憶があります。

そのキャベツを乳酸発酵させたのがドイツの「ザワークラウト」で、やや酸っぱいキャベツの千切りです。
昔、ビアホールでウィンナーを頼むとザワークラウトが添えられていたのが最初の経験でした。
とんかつキャベツと同じ組み合わせですね。

キャベツ自体に豊富なビタミンCが含まれており、加熱しないことでビタミンCが壊れず、乳酸発酵によってさらにビタミンCが生成されるそうです。
最近は、“乳酸キャベツ” とか“発酵キャベツ”というネーミングで話題になっています。
でもこれは作り方がザワークラウトとほぼ同じですから、同じ物と考えてよいでしょう。

作り方はいたって簡単。

【材料】 ①キャベツ 500g  ②自然塩 10g  ③好みで砂糖少々、胡椒少々、ローレル1枚

【作り方】
 1.キャベツをひたすら千切りにする。少々幅広でも細すぎでも気にしない。
 2.千切りキャベツ半量と塩半量をジップロックに入れて混ぜ揉む。
 3.残りの千切りキャベツ半量と塩半量をジップロックに入れて混ぜ揉む。
 4.全体を混ぜ合わせ、ジップロックの空気をぬいて密封。
 5.2kg程度の重石(2リットルペットボトル)を載せておく。
 6.3日もすれば水分が出て、発酵しているからいるから気泡も出てきている。
 7.5日もすれば塩気のカドが取れてさわやかな発酵キャベツとなる。これで完成。
 8.冷蔵庫保管ですが、冷凍保管もできます。

味噌や醤油、漬物やザワークラウトなどの発酵食品は酵素の宝庫、健康食品です。
発酵・熟成をすることによって活性化した酵素が、生野菜を食べるよりも効率よく摂ることができます。

千切りキャベツとマヨネーズという定番にとらわれず、たまには目先を変えてみると春キャベツの大量消費につながり、健康にも良いとは一石二鳥の話です。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント