★木いちごの花

モミジイチゴ
    モミジイチゴの花は下向きに咲く

桜の花の咲くころ、山野に桜によく似た五弁の白い花が咲いています。
1mぐらいの低木で、とげがあります。
スーッと伸びた枝に一輪ずつ鈴なりに花咲かせているブッシュを見つけたら、それは木いちごですから、その場所を覚えておきます。

太東崎灯台への道にも咲いていますが、道路際なので草刈りに刈られてしまうこともままあります。
運が良ければ生き残り、6月に橙色の小さな実を付けます。粒々の集合体の実です。
これを散歩の途中でつまんで食べるのが、ひそやかな楽しみです。

この木の葉は、紅葉ほど極端ではありませんが、1枚の葉が五分裂しています。それでモミジイチゴ。
中央が(中指)が長い葉の品種が、ナガバノモミジイチゴ。その変種がモミジイチゴで、いすみ市ではナガバよりもモミジの方がが多いと感じます。
秋になれば、一丁前に黄葉し、冬は落葉します。

バラ科ですからトゲがあります。
繰り返しになりますが、蔓バラのような細い枝に、下向きに白い豪華な花を咲かせており、6月なれば黄色~橙色の光輝く粒々の1cmほどの実がなります。

木にできるイチゴだから、木いちご。
黄色い実だから黄イチゴ。どちらでも良いでしょう。
ジュ―シーで、生食のほか、ジャムにする方もいます。

似た木いちごに カジイチゴ があります。
花は白くモミジイチゴと大変似ていますが、やや大型。
葉は落葉せず、モミジイチゴより色が濃く、大型。
葉は3~7に分裂するが五分裂が一番多いので見分けにくい。
しかも黄色い実ができるので、慌(アワテ)て者はモミジイチゴと間違える。
一番の違いは、花の向きがまちまち。上を向くのが多い。

いろいろ言っても現物を見て違いを納得して区別するのが一番ですね。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント