★玄鳥至――ゲンチョウイタル

ツバメ
     某スーパー入口にツバメが来た

1年12か月をそれぞれ前半後半に分けて24とし、季節の変化を示したのが 二十四節気。
72に分け、ほぼ5日ごとに季節の移ろいをあらわしたのが 七十二候。
二十四節気の「気」と、七十二候の「候」とを合成すると 「気候」 になります。

さて、この4月4日が七十二候でいう「玄鳥至」で、ツバメが飛来する頃といいます。
今年、初めてツバメに出会ったのは6日でしたから、ほぼドンピシャでした。

本日4月7日の午前中、道を歩いていると草むらから ジュクジュクジュクジー とおなじみのツバメの鳴き声がします。
3~4羽ぐらいが鳴きあいながら、エサをねらっているような雰囲気でした。
しかし、ツバメが地面を歩いている姿は今まで見たことがありません。

この近辺のセキレイは車を恐れず、チョコマカ地面を歩き回っていますから、セキレイの見間違いと思ってじっと観察したものの、やはりツバメです。
飛べば特徴的な燕尾姿でした。

後から考えれば、あれは巣作りの準備中だったのですね。
ご存知のように、ツバメの巣は泥とワラをツバで固めて作ります。
その泥かワラかを採集していたのだと気づきました。

画像のスーパー入口の巣は昨年の巣の再利用のようです。
ところが、某ドラッグストア、某ホームセンター、某病院のツバメの巣は撤去されています。
ツバメはまた一から巣を作ろうとして泥やワラを採集していたのでしょう。

都会ではめっきりツバメの姿を見かけなくなりました。
千葉県でも準絶滅危惧種に指定されています。

いすみ市では絶滅の危惧はないようで、なじみの夏鳥です。
ツバメを見たことがないという都会の子どもは気の毒です。

『竹取物語』の中で、姫は結婚の条件として無理難題を求婚者に出します。
石上麻呂には「燕の子安貝」を持ってくるならば、と言いました。
「燕」は当時、「ツバクラメ」と発音しました。
やがて、ツバクラ→ツバクロと変化し、戦前生まれの方はツバクロがなじみの単語です。
「子安貝」はタカラガイの一種で王朝で貨幣として使われていたり、「安産のお守り」でした。

ついでながら、ヤクルトスワローズのマスコットは “ツバ九郎”。
ツバメの古語、ツバクロをもじったネーミング。親父ギャグです。
              
なお、明日4月8日は灌仏会(カンブツエ)。
お釈迦様の誕生祭で、4と8をシとヤと読み、あわせて シャカ と読むと忘れない。

9日が七十二候で 「鴻雁北 コウガンキタス」。 雁が北へ帰る頃の意味です。
もう季節は確実に移り変わっています。
冬鳥のツグミたちは、まもなく北へ帰ることでしょう

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント