★モクレンもコブシも花盛り

モクレン
コブシ
        上=モクレン(木蓮)    下=紅コブシ(紅辛夷)

寒いですねぇ。今朝は霙(ミゾレ)でした。
海に近い何有荘の地区は温暖で、雪を見るのは今シーズン初めてのことです。

いすみ市では梅が終わりソメイヨシノが花開く前、あちこちに純白のモクレンが目立ちます。
大ぶりの樹に幾多の花を咲かす姿は大変豪華でおおらかな感じがし、背筋が伸びる思いです。
コブシも咲く時期ですが、いすみ市ではあまり多くありません。白モクレンが圧倒的に多い。

車で通りかかるとモクレンかコブシか判別しがたい時もあります。
見た目で大きな花ならモクレンで、コブシはやや小型ですが見慣れないと判別は難しい。

一番簡単な判別法は花の向きです。
モクレンはどの花も必ず天を向いて咲きます。しかも、やや北向きに。
日の当たる南側の方が花びらの育ちが良く、そのためググッと北向きに片寄るのです。

コブシは花の咲く方向はてんでんバラバラ。
右向き・左向き、上向き・下向き勝手に咲いているので、モクレンと区別できます。

モクレンはチューリップのようにカップ型で花が咲き、コブシはパッと展開して咲きます。
咲いた花の形で判別します。
しかし、モクレンでも終期になると展開してしまう。
コブシは1枚1枚の花びらの幅がモクレンよりも狭く、華奢(キャシャ)な感じがします。
モクレンの花びらは大型なのでモッタリしているので区別できますが、慣れないと難しい。

もしも近くでゆっくり観察できるならば、コブシは花の付け根に1枚の葉がついています。
モクレンは枝から花のみなので、付け根に葉のあるなしで区別できます。
ところが花の終期になるとどちらも葉が出て伸びてきてしまいます。

つまり、確実に判別するのは花の咲き始めから盛りまでが容易だということです。
花が終わってしまうと、どこにモクレンがあったかコブシがあったか、まったくわからなくなってしまいます。

今まで花咲かす機会がなく、有象無象(ウゾウムゾウ)に埋もれて暮らすわたしたちにも、年に1度、花咲かす姿を見せることによって春が来たぞと明るい希望の灯をともしてくれます。
よし、頑張って今年こそ花を咲かすぞ決意を新たにします。
春は希望の季節です。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント