★ヤブカンゾウ―――春の野草

ヤブカンゾウ若芽
     特徴的な葉の若い芽吹き

ヤブカンゾウはニッコウキスゲの仲間で、その若い芽や花のツボミはすぐれた山菜です。
そのおいしさは野生鹿が証明しています。
日光キスゲ平のキスゲが野生鹿に食べつくされたことがありました。

鹿ヤイノシシ、ヒヨドリなどは美味しいものをよく承知しています。
ヤブカンゾウは野草としては超一流の味です。
と言っても野草独特のニガ味、渋味があるわけではありません。
繊維質が固く,スジが気になることもありません。

野草というよりも、ほのかにネギの味と香り、食感がある野菜であるという印象です。
画像はもう食べられる大きさです。もう少し育った方が量多く採集できます。
地中に小刀を入れ、根元から切り取ります。

この姿のまま食べたい誘惑にかられますが、葉と葉の間に土や汚れがありますから
1枚1枚取り外してよく水洗いします。

鍋に塩少々、水をはって沸騰させ、30秒程度さっとゆでます。
ザルにあげ、冷水で冷やし、水を絞って食べやすい長さに切りそろえます。

さて、そこからはお好み次第。
天ぷら、お浸し、酢の物、胡麻和え、卵とじ、バターソテーなどなど。
鰹節やシラス、すりゴマをまぶしてお醤油たらりが一番簡単ですかね。

画像は酢味噌和え。やや甘めの酢味噌にしました。
切り方はちょっと短めになりすぎました。5cmぐらいで切っても大丈夫です。

       ヤブカンゾウ酢味噌
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

若い芽の似た姿はノカンゾウがありますが、ノカンゾウも同様に食べられますので、ほぼ心配はありません。
年に1度は食べたい野草です。
花のつぼみもすばらしい味ですから、何株かはつぼみを食べるために残し、何株かは花を楽しむために残しておいてください。

春の野草

さっそく 収穫し 30秒湯がいて塩味でいただきました
確かに ほのかに甘みがあって おいしゅうございました
春の味覚でですね
貴重な情報ありがとうございました(4/1)

ヤブカンゾウ

初めまして

家の庭にあるのが ヤブカンゾウに似ている
花を調べてみても 記憶にある花とこれも似ている
恐る恐るですが
明日は少し切り取って 試食してみようかな!