★絶滅危惧種の卵嚢、二種

山椒魚アカガエル
     トウキョウサンショウウオ、       ニホンアカガエル

梅の花が盛りを過ぎ、木蓮の純白の花が咲きだすと、トウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)やニホンアカガエルが(日本赤蛙)が水辺に卵を産み始めます。

トウキョウサンショウウオ(東京山椒魚)は魚と名付けられていても魚類ではありません。
蛙(カエル)と同じ両生類で、外見はイモリに似ており気弱な生き物です。
頭に東京-とあるのは、最初に東京で発見されたからで、別に東京だけに住んでいるわけではありません。
しかし、東京をはじめ近県各地で数が激減し、千葉県では絶滅危惧種に指定されています。

子ども時代はオタマジャクシで育ち、手が出て足が出ると、尻尾を残したまま近くの山林の腐葉土などに潜り込みます。だから日中に成体を探し出すのはかなりむずかしく、卵が産みつけられた現場を見て、まだこんなにいたんだ、ここにも住んでいるんだと思います。

ニホンアカガエルには、よく似たヤマアカガエル(山赤蛙)がいます。
背中の筋(スジ)模様が少し違うだけですから、日本赤-か山赤-か、判別に苦労しましたが、本当は苦労することはありませんでした。

というのもいすみ市の野山、畑にいるアカガエルはどれも日本赤-ばかりのようです。
山道や畑で出会ったアカガエルは日本赤-だと断定して良いでしょう。

子ども時代はオタマジャクシで育ち、手が出て足が出て、尻尾がなくなりそうな時期に近くの山林、畑の草むらに移動します。
千葉県の絶滅危惧種ですが、いすみ市ではごく普通のカエルです。
ゴチャゴチャ、ピョンピョンいると、つい貴重種だということを忘れてしまいます。

多数いるから安心していると、本当に絶滅してしまいます。
ゲンゴロウ、タガメやミズスマシを探しましたが、いすみ市でももうゲンゴロウは絶滅しました。
タガメやミズスマシも見たことはありません。
農薬が用水路に流れ込み、毒殺されてしまったのでしょう。

クロメダカは下水道みたいな用水路でかろうじて生き残っています。
今の子どもたちは、“メダカの学校“ なんて言われても何のことだか理解できないかもしれません。

豊かな自然、多様な動植物が共生する自然を子どもたちに残すのは現代を生きる大人たちの責務だと思っています。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント