★これは絶品、ワラサのナメロウ

ワラサのナメロウ
          醤油のもろみで味付け
ナメロウとは房総半島の漁師料理。
新鮮な鯵(アジ)を長ネギ、生姜、大葉などと一緒にたたけば出来上がり。
火を通したものはサンガ焼きと呼ばれ、
サンガもナメロウも最近は素材も味付けもバリエーションが多く、観光客にも人気のある料理。

先日、大原の漁師・拓さんから立派なワラサを頂きました。
さっそく3枚におろし、一部は刺身、一部は塩麴漬け、一部は煮物で楽しみます。
さて、骨身に残った「ナカオチ」をスプーンでこそげ落して作ったのが画像のナメロウ。

味付けは普通は味噌(ミソ)味ですが、いすみ市の若い人たちが自家製醤油を作った、その搾りかすを頂いてあったので、それを使ってみました。
つまり、主材料は友人・知人からの頂き物で絶品料理ができました。感謝。
こんどなんかでお返ししなくちゃね。

<ワラサのナメロウ、作り方>

  1.ナカオチをスプーンでこそげとり、さらに包丁でたたくと粘りが出てくる。
  2.長ネギ、生姜のみじん切りを混ぜる。
  3.味付けは塩少々と醤油のもろみ(醬油製造の搾りカス)適量。日本酒少々。
  4.全部を万遍なく混ぜ、再度たたき、葉の形に整え、金ゴマを振れば完成。

もともとは房総の漁師さんが船の上でチャカチャカっと作るマカナイ料理ですから簡単です。
お酒はやっぱり日本酒が良いでしょう。ちびちびと。
残ったらアツアツ白ご飯にのせて、お茶をぶっかければ、絶品お茶漬けになります。

いすみ市って良い所ですね。
20年ほど前、いつか都会を脱出しようとあちこち調べていました。

海の近くか、山の近くか? 
海の近くの方が美味しいものが沢山あるという結論になりました。
では伊豆か、房総か?
伊豆への道路は超混雑して渋滞します。それで房総。
房総でも観光地はやはり混みます。
それで “何もない” といわれる当時の夷隅郡岬町を選びました。
なるべく静かな場所が良いと思っていました。

何もないどころか豊かな自然がありました。
海の幸、山の幸、里の幸。うっすらとだけど天の川が見える。希少種の小動物・植物。
画像には撮れませんでしたが、今日はミサゴが飛んでいました。
ミサゴは英語でオスプレイ。あの醜悪な垂直離着陸機ではなく、本物のオスプレイです。

昔ながらの助け合いの精神と豊かな人情がありました。
多種多芸、なんでも教えてくれます。
昔の長屋の住民のごとく、余ったものはおすそ分けで、品物がぐるぐる回ります。
本当にいい場所に越してきたものだと思います。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント