★春一番、2月17日

ホトケノザ
    ホトケノザ
立春を過ぎた後、日本海に低気圧が発達すると、暖かく強い南風が吹く――それが 「春一番」。
「春一番」 という単語が 歳時記 に初めて掲載されたのが1959年というから驚きます。
すごく新しい単語だったのですね。
初めて新聞に登場したのが1963年2月15日の朝日新聞朝刊。

その耳新しい単語が一挙にメジャーな単語になったのは1976年3月1日に発売されたキャンディーズの 『春一番』 からでしょう。
ミニスカートの女子3人組が歌う 『春一番』 は熱狂的な支持を受けました。

作詞作曲 穂口雄右 唄 キャンディーズ
今でもそのメロディーと映像は鮮明に思い出すことができます。

  雪がとけて川になって 流れていきます。
    つくしの子がはずかしげに 顔を出します。
     もうすぐ春ですね。ちょっと気取ってみませんか。

いすみ市でも 今年の春一番が吹き荒れました。
でも、つくしの子はまだですね。
いすみ市の春の野の花は、画像のホトケノザとヒメオドリコソウがちょうど盛りを過ぎたころです。

ホトケノザは仏の座で、その葉がまるで仏様の丸座布団みたいだという印象から命名。
春の七草のホトケノザとは別物で、食用にはなりません。
春の七草のホトケノザはコオニタビラコというキク科の植物で、この名も越冬状態の葉の姿が仏様の丸座布団のイメージからきています。
名前がかぶっていても、昔の人はあまり気にしなかったようです。

こちらがヒメオドリコソウ。
ヒメオドリコソウ
白い花のオドリコソウより小型なのでヒメオドリコソウ。
ホトケノザもヒメオドリコソウも同じシソ科で、同じような唇口花という特殊な形の花を咲かせます。
花の色も形も同じで、同じような場所で、同じような時期に咲き、姿全体の大きさも同じくらいですから、混同する人がけっこう多いのも無理ありません。

春一番の後は また寒さがぶり返すのが常のようです。
昨日は20℃だったのに、明晩は雪だとか気象予報士が言っていました。

暖かさと寒さが不規則に繰り返し押し寄せる――それが春の景色であり、人生の苦難もそんなもんなのでしょうね。
暖かくなるだけマシです。がんばんなくちゃ。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント