★牡蠣(カキ)のオイル漬け

オイスターオイル漬け
    うま味を閉じ込めてさらにプラス

牡蠣の本場は数々あれど、兵庫県赤穂市坂越(サコシ)湾の牡蠣は天下一品です。
そのプチプチの牡蠣を知人が贈ってくれました。
定番の酢ガキ、カキフライ、焼きガキ、蒸しガキ、てんぷら…

どのように調理してもおいしいのですが、今回はオイル漬けにしてみました。

   1.カキの下処理:よく洗ってザルにとり、両面に軽く塩を振って5分経過。
     再び水洗い。ペーパータオルで水気をきっちりとっておく。
  2.フライパンにオリーブオイル300cc、ニンニク3片、輪切り唐辛子と粒胡椒を少々。
     じっくり弱火で熱し、泡が出てきたらカキを投入。
  3.カキに火が通ったら引き上げる。ここがポイント。加熱しすぎない。
  4.オイルに塩、醬油を少々、ベイリーフを加えて混ぜ、粗熱が取れるのを待つ。
  5.粗熱が取れたら消毒した保存ビン、またはジップロックにて冷蔵庫保管。

家庭で作るオイスターオイル漬けですから1週間程度で食べきっちゃう方が良いでしょう。
日本酒やワインのお友、パンやパスタのおかず。何に仕立ててもOK。

食べるときにはレモン片があるとおしゃれ。
牡蠣殻の上に載せて出せば、これはもう気分は WEST COAST ですな。
ダイニングを暗くして、ジャズでもかけてみましょうか。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント