★鶴ヶ城、亀ヶ城跡地

鶴が城
    椎木堰、中原堰に囲まれた中央部が城跡

戦国時代、いすみ市のほぼ全域を支配したのは土岐氏。
その主城が夷隅町の万木城で、岬町には鶴ヶ城、亀ヶ城と呼ばれる出城が画像半島状の中央部にありました。

鶴、亀というおめでたい命名ですが、実際、当時はこの地に鶴が舞い、亀が生息していただろうと推測できます。
乳幼児死亡率が高かった時代、戦乱に明け暮れた時代では長寿・長命を祈願して鶴、亀と名付けることはNHK、女城主井伊直虎の幼馴染の名前としても登場しています。

非常に特徴的な形の二つの農業堰は現在では左側を椎木堰、右側を中原堰と言います。
古い地図を見ると椎木堰は椎木古谷、中原堰は鶴ヶ城でした。
今は消えてしまった小字(アザ)地名には亀ヶ城、亀ヶ谷、屋敷台などがあり、かつて城があったことが偲ばれます。

おそらくこの半島状の台地(標高24m~40m)の東西部分に鶴ヶ城、亀ヶ城という二つの城塞が築かれていたのでしょう。
万木城の北東方面の守備の要(カナメ)であり、一宮や長南方面からの敵の侵入を防ぐ城塞でした。

昔の街道はどこを通っていたか、現代の常識で考えてはいけません。
昔は隣村に通うにも尾根筋の道を選びました。
一宮や長南から敵が攻め込むルートを押さえる絶好の位置にこの城塞がありました。
周囲は低湿地ですからう回路は不可能。難攻不落の城塞でした。

1590年、ほぼ関東全域を支配していた北条氏が滅びると、北条氏配下の房総の各豪族たちの諸城は怒涛の如く進軍してきた秀吉方徳川軍になすすべもありませんでした。
48の城があっという間に滅びたので「いろは崩し」と言われています。

万木城の当主・土岐氏も戦わずに逃亡したのですから、鶴ヶ城、亀ヶ城は言わずもがなです。
以後、廃城となり今日では笹薮に覆われ、往時の姿を思い起こす遺跡はほとんどありません。

この半島状台地からの景色、あるいは台地を見渡す周囲からの景色は画像のようになかなか風光明媚なものです。
民家や少数ながら別荘が散見できます。
しかし、現在では一宮方面に続く山道はもはや廃道となり、通じてはいません。
この台地の民家・別荘に通う道は太東駅方面からの、南からの細道ですが、この細道が急坂で道幅も狭く、車1台すれ違えないような道ですから開発が進まないのも無理はありません。
乱開発されるよりマシだ、と言えなくもありませんが…。

入口に相当する旧字(アザ)地名は調べた結果、「小滝」と判明しました。
岬町には旧「中滝 ナカタキ」村があり、隣町は「大多喜=大滝」ですから、大中小の滝がそろいました。
房総の山々は低く、華厳の滝や那智の滝のような壮大な滝はありませんが、
江戸時代の地元の人から見れば、大滝も中滝も小滝もある自慢の地域だったのでしょう。




 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント