★節分あれこれ

節分ザル
     画像は中央市豊富郷土資料館HP(→こちら)から転載

暇つぶしに 『目からウロコの民俗学』 という古本を読んでいたら、いすみ市の北隣町、長生郡睦沢町の昔の節分の行事が記載されていました。

――ヒイラギや豆の木を燃やした火を使い、焙烙(ホウロク=素焼きの皿)で豆を炒り、神棚に供えた後、「鬼は外、福は内、鬼の目玉ぶっ潰せ」と言いながら家中を清める。――
最近は鬼の面をかぶったご主人が鬼に扮し、豆をぶつけられる役回りになっていますが、
もともと、家にすくった鬼は目に見えるわけがない。
だから、家中、家の隅々まで豆を撒いて清めるのが本来の豆撒きなんでしょうね。
なにせ、豆は ”魔滅 マメ” ですから、小豆より大豆の方が強力そうです。
家に住み着いた不幸の根源=鬼を追い出し、立春の日をすがすがしく迎える伝統行事でした。

さらに、―――年齢の数だけ豆を食べると厄を逃れる――
昔は0歳児というのはありませんでした。誕生と同時に1歳でした。
また、誕生日を祝う習慣もありませんでした。
家族全員、いや日本中の人々が節分を区切りとして一斉に1ツ、齢を重ねました。

現代社会では誕生時は0歳から始まり、誕生日ごとに年齢を1ツ加える「満年齢」が基本ですから、節分で食べる豆の数はいくつなのか混乱があります。
今年、何歳になるのか、その数だけ食べるのが現代風でしょうか。
もっとも、私ぐらいの年齢になるとその数の豆を食べるのは大変ですから、1粒で10歳としています。

睦沢ではさらに独特の習慣がありました。
――大きくて目のあらいザルを逆さにして竹竿の先にくくりつけ、屋根の上に載せておく。
翌朝、「鬼がかかっているぞー」と叫び、子どもたちをおこす――

いすみ市でもそんな習慣があったのかと年配の方に訊きましたが、知らないとのことでした。
睦沢町の歴史民俗資料館の話では、「皆無とは言えないが、もうそのような習慣はないでしょう」 とのことです。

調べてみると他にもザルを掲げる習慣があった地域がありました。
西隣りの大多喜町西畑地区でも竿につけた目のあらいザルを屋根におく習慣があったといいます。
画像をお借りした山梨県中央市豊富地区も郷土資料館のHPに掲載されていました。
どうやら鬼は一つ目小僧のようで、目が多いザルを見るとおびえて逃げ出すと考えたようです。

睦沢町の続きです。
1年の区切りである節分の夜はこの1年の天候・吉凶占いも豆で行いました。
――12か月に見立てた12個の豆を囲炉裏の炭火におき、黒くなれば日照り、白い灰になればシケ、転がってしまえば強風だという。その焦げ具合を見て稲の作柄を選ぶ。ワセ、ナカテ、オクテの三通りで判断して種を撒いたという――
節分が神事だった頃の名残でしょう。
今では節分の豆は、炒り豆を購入するのが普通ですから、このような豆占いはできませんね。

もうみんな昔の習慣となり、知る人もいなくなりました。
今では節分というと、どこのスーパーでも恵方巻の大宣伝。
子どもたちは節分といえば恵方巻を思い出すことになるのでしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント