★寒風に干し大根

大根1大根2大根3
   すっきりした青空に大根を干す

房総半島は雨が少ない。まして雪になることはめったにありません。
房総の山々は標高が低く、最高峰の愛宕山でも408m。せいぜい300mレベルの山並みが続いています。
そのため太平洋からの東風も、東京湾を越えてくる西風も山脈にぶち当たって雨雲を作るということが少ないのでしょう。

連日、気温は寒くとも晴れて乾燥した日が続き、干し野菜を作るには絶好の季節です。
寒いから台所作業です。

泥の付いた大根を頭を切り落としてから、よく水洗い。
大根本体の皮をむくのが上品だけど、むいてもむかなくとも 歯ごたえ・味に大差はありません。
皮付きの方が栄養価は高いでしょう。

円盤形にスライスした大根と、千切り大根の二種類干しました。
うっすらと色が変わり、カサカサになるまで干すには数日間かかります。
干しが足りないとカビの原因になりますが、冷蔵庫保管ならば問題ないでしょう。

干せば栄養価は高くなるけれど、たいてい水に戻して使いますから、単位重量当たりの栄養価はたいして変わらないでしょう。
植物繊維とカルシュームは戻しても増えているそうです。不思議ですね。

煮物やみそ汁の具に大活躍しますが、油で炒めるのも良いという話です。
炒めると言えば大根の葉ですが、そう大量に食べられるものではありません。

葉もきれいに洗って刻み、乾燥させます(画像右)
葉は干物ネットに入れておかないと、乾燥した葉は風で飛ばされてしまいます。
これは “大根葉風呂” 用です。

野にあるヨモギの葉でも入浴剤になります。
食用になる野草なら安全ですが、スイセンなどの毒草は入浴剤にはなりません。
見た目や香りが良いからなどと ウカツに利用すると新聞沙汰になってしまいます。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント