★味噌つくりの強力助っ人

ミンサー
     ミンサーを購入
 
今年も味噌つくりの季節になりました。
新大豆が出回り、雑菌の恐れの少ない小寒、大寒の時期、つまり旧正月の前、旧暦師走(シワス)に味噌を仕込むのが日本の風習でした。

毎年、友人・知人と一緒に味噌を作っています。
大豆を蒸す鍋の都合で、大豆は500gずつ蒸しあげ、ポテトマッシャーでつぶします。
だんだん仲間が増え、今年は大豆を13kg購入しました。

蒸した大豆をポテトマッシャーで少しずつつぶすのは手作り感満載ですが疲れます。
それで今年度、購入したのが画像のミンサー。
ひき肉を作る道具で、大豆をミンチするのも便利です。
昨年と比べると圧倒的に作業が楽で、はかどりました。

ところが、大豆があまりにもきれいにつぶれるのが不満に思えてきました。
手作り感があまりないのです。
人間って、ぜいたくな生き物ですね。
それで手作り感、達成感を満足させるために、一部をマッシャーでつぶして仕込みました。

大豆が完全にはつぶれてなく、味噌汁にしたときに「カス」が残る時があります。
手作り味噌は、それがまたいいんだよね、ということです。

お汁粉でも、粒餡(ツブアン)か漉し餡(コシアン)か、好みの差があります。
粒餡がすきな人が、大豆の形がわずかに残っている味噌が好きなようです。
漉し餡みたいな味噌だと市販品と同じような感じがするからでしょう。

つぶした大豆に塩麴を混ぜ、団子にして味噌樽に投げつけ、空気を抜いて仕込みます。
塩と焼酎を使ってカビが生えぬ処理をし、重石はビニ袋に入れた塩です。
こうすると中身を密閉できるので空気が遮断され、カビが生えません。

味噌つくりはカビてしまうと、また来年も作ろうという気にはなりません。
夏を越してフタを開けた時に、きれいな味噌で、しかも家族に美味しい味噌だとほめられると作って良かったと思います。

カビてしまうか、カビないか、最後に気を配って仕込みを終えます。
寒の時期の寒さの中でじっくり・ゆっくり発酵が進み、
夏の暑さをくぐり抜け、無事しのげば味噌の完成です。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント