★キッチンとガラス磨きのエコ掃除

炭酸
    左=最近はやりのセスキ炭酸ソーダ、 右=重曹

昔は何でも雑巾とバケツ。
きつめに絞った雑巾で雑巾がけや、あらゆる拭き掃除をしたものですが、最近は100均で優れたグッズが購入できます。

重曹はNaHCO3で炭酸水素ナトリウム。別名が重炭酸ナトリウムまたは重炭酸曹達(ソーダー)。
重炭酸曹達を略して重曹。食品添加物であったり、エコ洗剤で大活躍しています。

近頃、エコ洗剤の新手として人気上昇中がセスキ炭酸ソーダ。
炭酸ナトリウムNH2CO3と炭酸水素ナトリウムが1:1で構成されているそうです。
5年前と比べると今はずいぶん安くなりました。

どちらもアルカリ性の化学物質ですが、カビキラーほど危険物質ではありません。
ちょいちょいと使う分にはゴム手袋なんて面倒だからしません。

重曹は水に溶けにくい。お湯で溶かす方が良い。
お湯500ccにスプーン少1程度。たくさん入れても後で粉を吹いてしまいます。
溶けにくいのでゴシゴシと磨き粉効果がある。鍋の焦げ付き、茶渋落としなどに利用。
窓ガラスは重曹水+T字型ワイパーが一番簡単。これが一番ピカピカになります。
玄関の姿見鏡も重曹水が良いでしょう。

セスキの方がアルカリ度は高く水にも溶けやすく、重曹よりやや強力です。
使い方は袋に書いてあるけれど、水500ccにセスキにスプーン少1。
こちらはキッチンの油汚れ、つまり換気扇やコンロ、グリルなど。
ひどい場合はスプレーしてラップして1時間。ゆるんだらボロ切れ(ウェス)でぬぐいます。

セスキは手垢の汚れ、泥汚れ、シャツの襟首・袖口の洗濯にも使えます。
床掃除にも使えます。
つまり重曹よりも高機能なので人気が出てきたのだと思います。

それにしても、まぁ覚えきれないというか、書いていて嫌になりました。
昔みたいにバケツに雑巾でいいじゃないか…。

そのバケツにちょっとばかりセスキを入れれば高能率で
そんなおっかない薬品はイヤだという人は(それは誤解ですが)重曹にすればよい。
それで少しは能率が上がります。

台所用洗剤だって手指がひどく荒れる人がいます。
重曹もセスキもそう強くはありませんがアルカリ性です。
扱っていて手指がヌルヌルしてきたなぁと感じたらすぐ洗い流すか、最初から手袋をしておいた方が良いでしょう。

年末年始は大忙し。でも大忙しをするから人生にメリハリが付きますね。
年神様をお迎えしたり、親族が集まったり――しゃっきりとお客様をお迎えしたいものです。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント