★レモングラスの冬支度

グラス1グラス2
         地植えのまま越冬           鉢上げして越冬

レモングラスは東南アジア原産のハーブなので冬の寒さに弱く、最低気温が10℃を下回るようになると越冬準備が必要になります。
朝霜が降りるようになると、気温は3℃程度でも地表は0℃以下ですから、相当ダメーッジを受け、枯れてしまいます。
房総半島はまだ降霜していません。天気の良い日に越冬支度を整えました。

越冬のポイントは根を寒さから守ることにあります。
地上部が枯れても根が生きていれば翌年には新芽が出てきます。
だから、枯葉や堆肥を株の上に積み上げておけば、それで越冬が成功する場合もあります。
でもそれで失敗したこともあります。

ここ数年は画像左のように発泡スチロール箱+苗キャップで越冬させています。
発泡スチロール箱と地面との間はどうしてもすき間ができます。そこは枯葉やもみがら燻炭で埋めて隙間風が入らぬようにします。
こうしておけば、雪が降っても地面は凍らず、根が生き延びます。

何もしなければ厳冬時には霜柱が立つ庭ですから、レモングラスは枯れ死します。

画像右は鉢上げして越冬させる株です。
ご覧の通り、鉢の周囲をプチプチで保護しています。
これは室内保管ではなく、日当たりの良い場所での野外保管株です。
野外ですと鉢上げでも、鉢の中が朝方は凍結する恐れがあります。

何としても根の部分を寒さから守る、室内に保管する場所はない――そんな理由でプチプチの登場となりました。
毎年これでレモングラスは越冬できます。

それにしても12月に冬支度をして、それを解除するのは5月の連休明けです。
半年近くも冬支度ですから、南方系ハーブを育てるのは大変だ。

一方、こちらはジャーマンカモミールの新芽。
   カモミール2

今年もこぼれ種から芽を出しました。
こちらはヨーロッパ原産で、寒い冬でも問題ありません。霜柱にあっても耐え抜きます。
あと半月で冬至になり、寒さはさらに厳しくなることでしょう。
そんな寒さに向かって、なおかつ新芽を広げる姿にはちょっと励まされます。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント