蝶の集まる花、ブッドレア

   
    何有荘の屋根にソーラーパネル。ブッドレアの花。

  せっかく庭のある家なのだから蝶々がたくさん来るといいね。
  バタフライガーデンにしようヨ
家を建てる時にブッドレアの小さな苗をホームセンターで買ってきて植えました。
ブッドレアはバタフライブッシュという別名があるくらい蝶が寄集まって来るのだそうです。購入時の高さは30cm位でした。

それが背丈をはるかに超えて大きくなるとは思ってもみませんでした。
大きくなってもせいぜいヤマブキぐらいかとタカをくくっていたのです。知らないということは恐ろしいもので何も気にせずに、その辺にちょこっと植えました。
それがまた暴れん坊で支離滅裂に枝葉を延ばして花を咲かせます。

ジャングルみたいな大株になり、見方によってはそれはそれで見事な枝振りですが、通路にはみ出し、歩くのもママならぬほどになって困りました。
それで数年前からは冬になると家内が思い切って強剪定してしまいます。
こんなに切っちゃって…と思うほどですが、それにもメゲズに春になると新しい枝葉を延ばします。
よっぽどここの庭が気に入っているのでしょう。ご機嫌です。

先だってはご近所の方から 「ブッドレアが見事ですね。挿し木にしたいので一枝頂けませんか」 というお話があり、家内は喜んで5枝ぐらい切って差し上げたようです。そのくらい切ったってビクともしません。

梅雨の時期はまだあちらこちらに様々な花が咲いているので、蝶がそれほど集まってくるという実感はありません。
梅雨が明けて夏本番になると、いろいろな蝶が入れ替わり立ち替わり蜜を吸いに寄ってくるようになります。

だからと言って人間様も食べてみようなどと思ってはいけません。葉・枝・根に毒があります。
バッタが葉をかじることがありますから、バッタは大丈夫みたいです。昆虫は神経系統や消化器構造がまったく異なりますからね。

アウトドアブームで野草料理も人気がありますが、いくらわたしでもブッドレアの花を食べてみるつもりはありません。ご心配なく。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント