★こんな所に旧外房線鉄橋が

鉄道橋
    夷隅川に架かる単線時代の外房線の鉄橋。赤さびている。

何有荘は外房線・太東(タイトウ)駅が最寄駅ですが、東京からは直通運転の列車はなく、上総一ノ宮駅で乗り換えになります。
それが昼間は1時間に1,2本ですから、乗り遅れると1時間待つこともあります。

都会ではラッシュ時には前の列車の乗降客がホームに残っているのに次の列車が到着します。
つまり、電車に乗り遅れることを心配しないですみますが、都会から何有荘に電車で来ようとすると、指定した時刻の電車に乗らないと大幅に予定が狂います。
そんなウッカリ屋の友人知人が何人もおりました。

さて、上総一ノ宮駅からは外房線は単線になります。
ところが次の東浪見(トラミ)から太東-長者町間は複線になります。
長者町からは次の三門(ミカド)-大原-浪花(ナミハナ)-御宿までが単線で、御宿-勝浦はまた複線になります。

つまり、上総一ノ宮駅-勝浦駅間は単線・複線が入り混じっています。
これはJRが国鉄時代の1975年に勝浦まで全線複線化の工事認可が下りたのに、
その後、膨大な赤字を抱えた国鉄=JRが一部複線化工事を実施したものの、計画自体が途中でとん挫したことを示しています。

上総一ノ宮駅では狭い駅前広場にかえて海側を新・駅前広場として拡張整備したのですが、予算不足のため、東西を結ぶ橋上駅舎は作られずじまいで、相変わらず狭い西側広場がメインです。

勝浦までの一部複線区間は何かの役に立っているのでしょうか。特急列車をやり過ごすには良いかもしれません。

“乗り鉄”が趣味の知人は、「道路にバンバン税金を使うなら、鉄道にもっと予算をかけるべきだ」と息巻いていますが、もっともな話です。

さてさて、画像の話に戻りましょう。
東浪見~長者町間の複線化は1996年11月のことで、その際、ルートが単線時よりもやや直線化され、夷隅川と県道152号をまたぐ高架になりました。

それに伴い太東-長者町間の単線時代のルートは廃され、今は空き地になっています。
その廃線ルートはちょっとした散歩道ですから、“町おこし”に使える遺産かもしれません。
途中に「長者・中根13社祭」の祭礼場所もありますし。
見向きもされないさびれたマイナス資産を、大胆に発想を転換してプラス遺産に変える、そんな素材だと思います。

旧単線鉄橋と新複線鉄橋はほぼ並んでいます。ポジションを替えれば、手前に旧鉄橋、奥に新鉄橋を通る特急列車を一緒に画像に撮れることも可能でしょう。

こんな素敵な場所があるだなんて、つい最近まで知りませんでした。

 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント