★シロバナサクラタデ(白花桜蓼)

白花桜蓼

昔、庭にゴザを敷いてのおままごとの定番はアカマンマでした。
アカマンマの標準和名はイヌタデ(犬蓼)で、画像はそのアカマンマ、タデの仲間で、シロバナサクラタデ。
白いからシロマンマというかと思いきや、そうはいきません。

湿地帯に咲くのでアカマンマほど身近な植物ではなく、大型なので手に取りにくく、花粒がアカマンマほどズラリと並んではいないなどの理由で、おままごとには使われませんでした。

白いタデは三種類ほどあって、シロバナタデ、サクラタデ、シロバナサクラタデ。
もし、シロマンマのあだ名を付けるとすればシロバナタデでしょう。
アカマンマよりはずっと大型で、花粒が白で蜜にならぶ。花穂が垂れ下がります。

サクラタデは名前の通り、花が咲けば桜に似た形で色も薄いピンク。草丈は1mを超す。穂に着く花は間隔がややまだらで、花穂はまっすぐが多いが、長い花穂だと垂れ下がる。

画像のシロバナサクラタデは、サクラタデの白花変種なのでしょうか。なかなか区別が難しい。花は白、花穂は曲線を描きます。

画像は休耕田になっていた場所の林縁で見つけました。
強制的に稲作を禁じる減反政策によって、立地条件の良くない田んぼから農家は手放しました。
その多くがあまり日が当たらず、水はけの悪い湿田です。
そんな場所にミゾソバやシロバナサクラタデが咲いています。
ガマも昨年よりずっと生育場所を広げました。
豊かな自然が回復するのはうれしいことですが、農業が衰退していくのを目の当たりにするのはつらいことです。

タデの仲間はけっこう多いと田舎に引っ越ししてから知りました。
“蓼食う虫も好きずき“のタデはヤナギタデで、刺身のツマに使われます。
シソの実に似た紫色のツマがヤナギタデの実です。
これも湿地に咲くそうですから、今度見つけてみたいものです。

何有荘で毎年育てているルバーブもタデの仲間でした。
ソレルはスイバの仲間で、これもタデの仲間。
シュウ酸が多量に含まれているので大量に食べる人はいませんが、少しならその辛さ、苦さを好む人がいるようです。
そして、そんな葉を食い荒らす虫も確かにいます。
他の虫が嫌う葉を食草にするのは確実に生き残るための戦略なのでしょう。

****

いすみ市には「千葉県いすみ環境と文化のさとセンター」というネイチャーセンターがあります。
そこの機関紙『さとのかぜ』に、「自然の力と上手に付き合う暮らし方」という表題で、寄稿しています。もしよろしかったらご一読ください。
             「さとのかぜ」閲覧目次→●  N0196と 197です。


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント