★潮風にやられたラベンダー

ラベンダー
      一株なのに左が正常の枝、右がダメになった枝

今年は房総半島に台風が二度通り過ぎました。
めったにないことで、10年前の台風でアフリカントール(マリーゴールド)が全滅して以来の台風襲来です。

一部地域では浸水騒ぎがありましたが、何有荘近辺では暴風の被害の方が大きかった。
まだブルーシートがかかっているお宅もあります。

何有荘で郵便ポトが破壊され、竹垣が被害を受けましたが、植物では柿が斜めに大きく傾いたほか、ラベンダーが数多く潮風にやられました。

風の通り道に直接当たった株は次第に弱っていくつも枯れてしまいました。
画像のように一つの株なのに、風に面した枝だけダメになったものもあります。

海に近い立地条件はとても素敵ですが、暴風の時には舞い上がった波しぶきが1~2km先まで運ばれることもあります。
すると作物などに被害が出てしまいます。
何有荘のように小さな庭ならば、台風が過ぎた後、散水して塩気を洗い流した方が無難だなと思いました。

******

国会では南スーダンの自衛隊に駆けつけ警護の任務を付すかどうかが議論されはじめています。
稲田防衛大臣が現地に飛んで、首都周辺は平穏だったと言っていましたが、現地NPOはとても安全とは言えないと批判しており、国連スーダン派遣軍は直ちに戦闘行為をやめるように12日に声明を出しました。

それでも政府は何とかして自衛隊員に銃の引き金を引かせたい、戦闘実績を作りたいと考えているようです。
それが我が国の自衛の範囲を超えていることは明らかです。
戦闘実績に基づき、自衛隊を国防軍に改編する一里塚となることでしょう。

その野望のために、自衛隊員の命を危険にさらすのはやむをえない、その犠牲は尊いことだとかなんとか言いたいのでしょうか。
とんでもないことです。

さて、いすみ市には『岬町9条の会』があります。
明日15日14:00から、ドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法」を上映します。
改めて憲法のすばらしさを学び直したいと思っています。
もちろん、急な参加でもOKです。
  日時 2016.10.15(土) 14:00~16:30
  場所 わだつみ美術館  →●
  会費 1000円
  映画公式サイト→●
暇がありましたら、どうぞご参加ください。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント