★大原はだかまつり、海の幸――日月と宝珠

欄間と北斎
行元寺 波の伊八欄間彫刻 波に宝珠と葛飾北斎 神奈川沖浪裏画像元→●)

幕末、黒船によって開国した日本から大量の浮世絵や工芸品がヨーロッパに輸出されるようになると、現地ではジャポニズムといって日本風文化が大流行します。ゴッホ、セザンヌ、ピカソなども日本文化の影響を受けました。

北斎の『神奈川沖浪裏』は欧米では『Big Wave』の名で良く知られています。
この絵に影響を受けた作曲家ドビュッシーの最高傑作が交響詩『海』で、楽譜ジャケットにはこの絵の大波がそのまま描かれています。
わたしは何度そのCDを聴いてもその良さがわからないのですが…。

その北斎の絵の構図が行元寺の欄間彫刻に似ていると報道されたのはもう十数年前のことで、今ではもう、ほぼ定説化しています。
左右の波を強調し、中央の宝珠をはるかかなたの富士山に置き換えれば確かにそのようにも見えます。

2020年にサーフィンが採択され、外房では会場を誘致しようと張り切っています。
外房の波はこの近辺ではドカリの波と呼ばれ、大波が来るのでサーファーが数多く移住している地域です。
波の伊八と称される彫師、武志伊八郎はこのドカリの海に馬で乗り入れて波の動き、その詳細な姿を観察し続けたと言われます。

伊八は波間に宝珠を描くことで海の幸を象徴しました。
実際、江戸中期以後、いすみ市海岸は地引網漁で莫大な財を築きます。その財をもって行元寺や飯綱寺などの寺院は荘厳に装飾されました。

しかし、わたしは最近、伊八は海の幸などというありきたりの理由で波間に宝珠を掘り込んだのだろうかと疑問に思うようになりました。
そして伊八は実際に波間の宝珠を見たのだ、と確信するようになっています。
それが大原のはだかまつりです。
おそらく伊八もはだかまつりを見たことでしょう。

大原はだかまつりの画像(画像元)を見れば、荒波の海岸に神輿が繰り出しています。
     はだかまつり
神輿のてっぺんには金銀の擬宝珠(ギボシ)が置かれ、ひもでくくられています。
擬宝珠は文字通り、宝珠に似た形をしています。
これを見た伊八は波間に宝珠のデザインのヒントを得たのだと思うようになりました。

はだかまつりの参加十八社は町内を巡る時の神輿のてっぺんは鳳凰です。(ニワトリじゃありませんよ)
しかし汐踏みと呼ばれる渚での行事の時は擬宝珠に付け替えます。
神輿の擬宝珠が担ぎ手によって激しく揺れ、背景に波が押し寄せる――これが『波に宝珠』の原型だと思えます。

そしてもう一つのヒントが大原の神輿にはあります。
それが神輿の屋根に飾られた日月紋章。
日月は海の干満を支配し、海の恵みの根源です。

大原十八社のうち、神輿に日月紋をつける神社は12社。
釈迦谷神輿瀧口神輿
      左:釈迦谷の神輿  右:瀧口神社の神輿  (参考画像→●)

荒海の東の空から昇る太陽、昇る月が『波に宝珠』のデザインに重なります。
欄間の宝珠がやや大きすぎると感じるのは私だけではないでしょう。
これが昇る日月を暗示しているならば納得がいきます。
彫刻の宝珠の上に何やら霊気が漂っています。それは燭光のアレンジでしょう。
水平線から昇る朝日という伝統的な構図を、荒波と宝珠に置き換えた点が伊八の独創性だ、と思います。

こうして考えると、伊八→北斎→ジャポニズム→ドビュッシーの流れの大元にあったのが大原のはだかまつりだったという結論になります。

今日は朝から大雨で一部地域では避難指示まで出されました。
レインラインが通り抜け、まだ曇っていますが、明日の各神輿そろっての汐ふみは可能でしょう。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント