土用の丑の日、「う」のつく食品の日

梅干しウドン
    今日は梅干しうどんの昼食。トロロ、レモンバーム、刻みねぎのせ

土用の丑の日は「う」のつくものを食べると病気にならない という言い伝えがありました。
ウナギは目が飛び出るほど高いので、画像はさっぱりとウドンにウメボシ。

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる「大暑」に引き続く18日間をさし、
梅雨明けから間もなく、夏バテ・熱中症に気をつけねばならぬ時期です。

土用が終われば立秋。8月7日。
暦の上では早くも秋で、8月の暑さは残暑と呼ばれてきました。

夏の土用に、暑さに負けぬ体を整えるために江戸庶民には様々な言い伝えや習慣がありました。

丑の日だからうの付く食べ物も食べるのが良い、もその一つで、
その中ではウナギがダントツの人気食品なのはご承知の通り。

でも、ウズラやウリ類(スイカ、キューリ、マクワウリ)、ウマヅラハギもいいですね。
現代ですから、ウインナーやウェハス、ウーロン茶なんか、どうでしょう。

草木も眠る丑三つ時、と言いますがこれは深夜1時。方位でいえば北北東。
丑の方角の守護神は玄武(ゲンブ)。色は黒。
したがって、黒いものも丑がらみで縁起が良いとされました。
  ウナギ、ドジョウ、クロダイ、ナス、しじみ、海苔など。

現代に残る風習としては、「土用しじみ」が今朝のスーパーのチラシに載っていました。
まっぴらごめんの風習は「土用灸」――我慢比べみたいですね。
アセモなどには良いかもしれません。「丑湯」――柿の葉湯のこと。

こんなものもありました。
  土用干し――何有荘でも梅を干しました。
        お客さんが来るから枕と布団を干しましょうか。
        天日干し
  
まぁ要するにダジャレと縁起担ぎ。
江戸庶民はダジャレと縁起担ぎが大好きでした。これも天下泰平だったからでしょう。
なかには、いくらか納得のいく言い伝えもありますから、迷信だよと片付けず、夏の暑さを楽しむのも一興でしょう。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント